FC2ブログ

3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

【番外編】英国人経営美容院での出来事

 
昨日の記事の番外編となるepisodeを
思いついたので、今から書きます笑
 
☆ 関連記事は、こちら



  
そうそう。
 
そう言えば、技術的なことを英語でうまく伝える
自信なんて全くないあたしなので、
一応、事前にネットで調べて
お願いしたいスタイルを印刷して持参
 
で、それを美容師さんに見せました。


 
すると

 
『う~ん、これねぇ~。
僕は、こういうスタイルはちょっとなぁ~って思うな~。
この後ろ姿が、何とも面白味が無さ過ぎて
僕は、あまり好きになれないな~』

 
 
と、思いっきり
美容師さんの意見を押しつけられて、


  
次の瞬間には

 
『で、あなたは
どうしてこのスタイルがしたいの
 
その前に、折角ここまできれいに伸ばした髪なのに
どうして、ここまで短く切りたいって思うわけ~


 
なんて、
余計なお世話的なことまで言われたがーん
 
 
とにかく切りたいからびっくりと言い続けたものの、
理由を聞くまでは、向こうも引き下がらず。。。



  
だから結局
 
『ショートヘアーでいることが多かったけれど、
結婚式のために伸ばしていて、
もう終わったから切りたいんです~びっくり


 
と、適当に理由をつけてみたら、
ようやく、あたしの切りたいという熱意に
理解を示してくれたらしい~笑
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 08:00 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

イギリスに来てよかったと思えること

 
とある日の午後、
 
ゆっくり流れゆく時間の中で、
ぼんやりとこんなことを考えていた。



 
幾らクマ夫が居てくれるとは言え、
異国の地で暮らしていくということは、
楽しいことばかりではない。


  
だけど
  
イギリスで暮らすようになって
よかったと思える節は、実は沢山ある。



 
まずは、
クマ夫と毎日一緒に居られることheart2
 
愛する人と、人生をshare出来ることが
何よりも、嬉しくて幸せだと感じますjumee☆shy1
 
 

 
あとは、ざっとこんな感じ。
 
   
 
距離を置いたことで、
日本にいる家族との関係が良くなったこと。

 
それなりに刺激のある暮らしの中で、
以前よりも、向上心が芽生えたこと。


 
周りの目や年齢に ←アラサーとかアラフォーとか(笑)
異常なまでに拘ることなく、ありのままの
自分でいることに自信を持てるようになった。
 
アメリカから日本に帰国したときは、
まさに、こんな感じだったので、
ただあの頃の自分をもう一度
取り戻すことが出来たということかな~。



 
クマ夫ものんびり屋なので、
ふたり、どこまでもの~んびりと生きられること笑
 
こうしなきゃ!!とかがないので、
かなり精神的にゆとりがあるかも~。

 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 08:00 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

窃盗事件発生!!

 
いきなりですが、
  
一昨日の真夜中(6日になった瞬間)、
お隣が窃盗にあった模様がーん



  
わが家は、terraced house(所謂、長屋)で
5軒ある中のちょうど真ん中。

  
玄関向かって右側のお家は、
しばらくの間は、空き家になっていたけれど、
今夏から50代のイギリス人女性が住んでいる。


  

 
今回、犯行現場となったもう片方である左側は、
月曜から金曜、朝から夕方まで営業の歯科歯

 
あたしたちが住んでいる、このterraced houseは、
これまた通りに面していて、
共有の庭があるのはいいけれど、
玄関側ではなく、裏側に位置しているので
用心としては、あまり良いとは言えない。



 

 
今回、犯人の侵入経路は、
窓ガラスを割って、そこからだった模様。

 
 
てか、月曜や火曜の夜中は比較的静かな地域なのに、
この夜は、妙に騒がしいなぁ~と思っていた。

 
しかも、右側で暮らすイギリス人女性は、
ほとんど物音を立てないで静かに暮らす人。

 
仕事で朝も早いみたいだから、
夜中に物音なんて聞いたことがなかったので、
かなり不思議に思っていた。

 

 
てか
 
まさか、お隣はお隣でも、
左側の歯科にて犯行が行われていただなんて~びっくりえぇ
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 08:00 | comments:10 | TOP↑

≫ EDIT

仕事が始められない理由【前編】

 
結婚式も無事に終わり、
そろそろ、専業主婦ともおさらばして
次へと進みたい、今日この頃頑張るぞ。おーっ。



 
移住する前から、
 
イギリスで暮らすようになっても
フルタイムでなくていいから、 ←ない方がよかったりして(笑)
何か仕事はしたいとは思っていたけれど、
 
いざ、探し始めると、 ←少しずつ探したりしてます。
本当に、あたしでも出来るようなものが
見つかるかどうかが心配になったり汗


 
あぁ~、まだCVをどこにも送ってもない間から
 
こんなにネガティブじゃ駄目だ~びっくり
 
と、自分自身に言い聞かせて、
次の瞬間には、

 
まぁ、なんとかなるさ~♪
 
と、急にポジティブになって
開き直ってみたり(笑)


 
 
まぁ、だけど、
今は、仕事が出来ないんです。


  
理由は、
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 08:00 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

Potato Flour!?

 
今日もまた自動での更新です~☆


 
最近、お料理に対する情熱が
また昔のように復活してきたrabbiですうさぎ2




  
イギリスに来てから、気付いたこと。
それは、片栗粉を持参し忘れたということjumee☆point1e

 
 
それで、ずっと片栗粉を使う
お料理を避け続けてきたわけですが、
 
日本の料理本に掲載されているメニューって
結構、片栗粉を使ったものが多かったりして
 
しかも、
 
『これ作りたいびっくり

 
というのに限って絶対に片栗粉が必要だったりして
その度に、いつも断念してきたわけですjumee☆faceA150
 
お料理は好きですが、
まだまだ初心者なので応用が全く出来ずです





  
そんなとある日、
 
片栗粉ってそもそも何て言うの
 
と、基本的なことを疑問に感じたあたしは
早速、ネットで検索をしてみました


 
すると、
 
Potato Starch
 
であることが判明



 
 
そして、ご丁寧にも、
 
もしも、potato starchが見つけられない場合は
corn starchでも代用は可能
とも書かれていましたえんぴつ


 

 
わが家の近所のスーパーでは
残念ながら、見つけることが出来なかったので
隣町の中国系スーパーで探すことに。


  
でも、英語で書かれたもので
そこで目にすることが出来たのは、
corn starchと書かれたものと、
 
potato flourと書かれたもの、
その他、何とかflourと書かれたものだけ。

 

 
potatoまでは確かに合っているけれど、
flourでいいものかどうか分からなかったので
そのときは、渋々corn starchを購入することに財布
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 08:00 | comments:12 | TOP↑

≫ EDIT

8月の野外フェスの模様

 
今日も、また自動更新中です。


  
さて、
 
ずっとこの記事を書きたかったのですが、
それまでに更新する記事が山積みで
今になってしまいました~汗


 
先月、結婚式が終わり
ロンドン&オックスフォードの旅を
無事に終えて自宅に戻った翌日、
 
過去の記事でもご紹介していた
野外音楽フェスに参戦して来ましたおんぷ
 
☆ 関連記事は、こちら



 
当日は、残念ながらお天気はあまり良くなく
肌寒い上、時折強風に煽られたりもして、
それだけで、楽しさが半減してしまったものの
 
それでも、
あたしの好きなPRODIGYの生演奏を見ると
普通にテンションが上がってきたりなんかして
いい思い出になりました~


 
こちらは、MAXIMO PARKの演奏の模様。
 
0924leedsfes1
 
このバンド、結構良かったです。
 
野外で、しかもあの雰囲気の中で聴くと
CDやネットで聴くのとは全然違って良いですびっくり


 
そして、お待ちかねのPRODIGYの登場。

  
0924leedsfes2
 
と言っても、この写真じゃわかりませんけれどネ
 
照明が半端でなかったので、
人の波にさらわれそうになりながら
必死の思いで撮影した写真は
どれも、反射でよく見えなくて残念jumee☆faceA150
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 08:00 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

【8/27】Oxford

  
現在、laptop修理中につき自動更新中。


 
最終の旅行記が残っているので
今日は、それを書いてしまいたいと思いますえんぴつ
 
☆ Yorkshireの日帰り旅行記は、こちらこちら
☆ Londonの旅行記は、こちらこちら



 
Oxfordに立ち寄る前夜、
 
ヒースロー空港で両親を無事に見送ってから
その夜は、前もって予約を入れておいた
空港周辺のホテルに宿泊しました


  
0921london1
 
このホテル、空港が近いだけあって、
パイロットや客室乗務員の制服を着た方が
とても多かったです。

 

そして
 
すぐそこで(部屋から空港が見えます!)飛行機が
発着していると言うのにも関わらず、
部屋にいても、全く騒音が気にならないびっくり
 
防音設備が整っていました~。


 

あたしたちは、
ネットで事前に予約を入れていたこともあり
ふたりで1泊(部屋料金だけ)、£39でした財布
 
しかも、通常1日、£7する駐車料金も
キャンペーン期間中ということで無料でした。


 
格安ホテルだから、それなりに覚悟していたけれど、
全然そんな心配もなく、普通に泊まりやすかったです。
 
☆ JURYS InnのHPは、こちら



 
この朝は、今までよりも遅めの起床おひさま
 
かなり疲れが溜まっていたこともあって、
久しぶりにぐっすり眠れたと言う感じでした。


 
車に乗り込んで、
いよいよロンドンとしばしのお別れ。

 
Moterwayをひたすら走り、
あたしたちが向かった先は、オックスフォード。
  

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 08:00 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

【8/26】London

 
昨日に引き続き、
ロンドンでの滞在記です
 
☆ 関連記事は、こちら
☆ その他の両親滞在中の記事は、こちらこちら



 
ロンドンは、やっぱり大都会です。
 
東京も常に人が多く、
交通の量も半端ではないと思うのですが、
ロンドンは、更にその上をいくような気がします。

 
何せ、あたしたちのようにカメラを片手に
英語以外の言語を話しているような観光客が多いびっくり
 
ロンドンのお店などで働いている人の大半も
恐らく移民ではないかというほどに
ロンドンは人種の坩堝ですね~

 
それもまた、
ロンドンの魅力のひとつかもしれません。




  
2日目の夜のフライトで
両親は日本へ帰国するということもあり、 
この日は、朝に宿泊していたホテルをチェックアウト

 
0920londontrip10920londontrip2
 
このホテルは、3年前くらいに日本で購入した
某ガイドブックに掲載されていたところで
ここが、ロンドン市内の中心にあるホテルの中で
一番お手頃価格だったのです~jumee☆point1e


 
部屋の写真など、全く撮っていなかったので
ここに掲載出来ないのですが、 
安い割には、それなりに良かったです。
 
ただ、バスルームのドアの鍵が
微妙に壊れていましたけれどネ。。。jumee☆sweat1b

 
 
ここでも、父が笑顔なのには驚きです絵文字名を入力してください
 
今回の旅は、成功だったということかな~。


 
朝食付き(Full English Breakfast)だったので、
他のところへ朝食をとりにいく手間が
省けたことも良かったです。
 
☆ あたしたちが宿泊したホテルのHPは、こちら



 
車にスーツケースを積み込んで
身軽になったあたしたちが向かった先は、
St Paul's Cathedral十字架(明るい背景用) †SbWebs†
 
☆ St Paul's CathedralのHPは、こちら
 
 
0920londontrip8
 
故・ダイアナ妃が結婚式を挙げたところ。
 
ここへは、あたしたち夫婦もまだ訪れたことがなく
母も、中を見学したいということだったので
入場料を支払い、いざ中へ。。。
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 17:06 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

【8/25】London

 
この間からの記事に引き続き、
両親と一緒に訪れたことに関しての記事ですきらきら
 
☆ 関連記事は、こちらこちら



 
Yorkを訪れた翌日は、自宅を午前5時前に出発GTI
まず向かった先は、両親の滞在するホテル。

 
そこで、チェックアウトを済ませている間に
クマ夫に、スーツケースを車に積み込んでもらい
 
準備が整ったところで、
あたしたちは、車でロンドンへと向かいました。



  
出発から、約2時間した辺りで
クマ夫の運転の休憩も兼ねてservicesに立ち寄り、
みんなでゆっくりと朝食をとりました~
 
そして、再び車を走らせること約3時間半。
途中、少し渋滞にも巻き込まれながら
無事にロンドン市内に到着。


 
1日目(あたしたち夫婦だけ2泊)のホテルは、
ロンドン市内の中心部にあるところだったので
そこまで車で辿り着くのが、これまた大変びっくり

 
なぜなら、ロンドン市内は、
とにかく、バスとタクシーが多いのです
 
その上、もちろん歩行者の数も多い


 
ロンドンには、観光で数回訪れたことはあるけれど、
今回も、やっぱり観光でお腹がいっぱいになり
ここには、絶対に住めないな~jumee☆sweat2Rbと改めて思いました。
 
って、最後の締めの一文になってる~
いやいや、まだまだ話は続きます~。




 
ホテルでのチェックインを済まし、
荷物を部屋の中へ。

 
そして、いよいよ両親もお待ちかねの
ロンドン市内観光のスタートです


 
まず初めに訪れた先は、やっぱりココjumee☆point1e

 
0919londontrip1
 
Houses of Parliament(イギリスの国会議事堂)です。
 
Big Benという愛称で知られていますが、 
そもそも、Big Benというのは、
この建物にある時計台のことを言うようです。
 
 
  
今まで、テレビでしかこの風景を見ることがなかった
両親にとっては、やっぱり感動したようです。

  
確かに、
あたしも一番初めに見たときは感動した~。
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 23:59 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

【8/24】York

 
今日は、一昨日の記事に引き続き
両親がイギリス滞在中に訪れた際の
記事を書きたいと思いますえんぴつ
 
☆ 関連記事は、こちら



 
結婚式の翌々日に訪れた先は、
North Yorkshireに位置するYork。
 
☆ Yorkに関する情報は、こちら


 
こじんまりとした通りや街の雰囲気をはじめ
歴史を感じさせる建築物など、とても興味深い。

 
 0917yorkshiretrip13
 
通りには、数多くギフト店などが立ち並ぶことから
観光客で賑わう街だということがわかる。


 
Yorkと言えば、York Minster十字架(明るい背景用) †SbWebs†

 
0917yorkshiretrip5
 
この古い歴史を感じさせる建築物には、
両親も感動して写真を撮りまくりびっくり


 
側面から写したものと
中で撮影したものも少々アップ

 
0917yorkshiretrip10917yorkshiretrip4
0917yorkshiretrip30917yorkshiretrip2
 
ステンドグラスの見事なこと
 
左下の写真の中央に写っているのは、
巨大なパイプ(オルガンの)おんぷ
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 22:28 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

【8/23】Bradford & Harrogate

 
昨日の朝、母から電話があったとき、
電話の最後の方で、
いきなり泣きだしてしまった母涙


 
どうやら、実家の両親に宛てて
郵送した小包が約2週間掛けて
昨日、無事に届いた模様

 
何かと涙もろい母ですが、
それだけで泣いていたわけではありません。


 
先月、両親のイギリス滞在中に撮影した写真を
CDRに保存して、それも一緒に送ったのですが、
 
それを見た瞬間、
どうやら涙が止まらなくなってしまった模様。


 
電話の中でも、
 
『あの庭園のお花の写真がとても綺麗。
その写真を見た瞬間に、涙が出てきたよ~』


 
と、そんなふうに話してくれていました。


  
そんな母を電話の受話器越しに、
何とも切ない気持ちで一杯でしたが、
 
 
それと同時に、
 
ここで一緒に過ごした日々は、
本当に素晴らしい思い出として
両親の心の中でずっと生きているんだな~
と思うと、本当に嬉しかったです



 
結婚式の翌日に、あたしたち夫婦&
両親とで訪れたBradfordの市庁舎前。

 
0915yorkshiretrip1
 
この日は、Darwin絡みのイベントが開催されていて
いつもは、殺風景な市庁舎の前が賑やかでした。
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 08:00 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

日曜日の礼拝【後編】

 
昨日に引き続き、
今日は、教会の外に広がる庭園についてさとと-お花の生垣
 
☆ 関連記事は、こちら
☆ 教会のパンフレットの写真の記事は、こちら



  
先週末は、とてもお天気が良くて、
こんな日は、写真も撮り甲斐があります


  
教会の正面玄関へ抜けるまでの玄関ロビー部分。

 
0812church2
 
このhall部分は、薄暗い感じではありますが、
この日のようにお天気だと、外の景色もまた綺麗です


 
外側から撮影した、玄関ロビー部分。

  
0812church1
 
座れるベンチも備え付けられています。
 
結婚式当日は、入場の音楽が流れてきたら
ここより、父のエスコートにて入場します絵文字名を入力してください


 
正面玄関前に広がる石碑。 

 
0812church3
 
この撮影を行っている瞬間、
 
太陽がどこやら姿を眩ませてしまったので
残念ながら、少し暗めの写真となってしまいました

 
教会の敷地内には、
こうして沢山の石碑が祀られています。
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 00:00 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

日曜日の礼拝【前編】

 
日曜日は、教会の礼拝に参加してきました。


 
あたし自身も、実家や親戚一同も
それほど信仰深いわけではありませんが、
みんな揃って【仏教徒仏】です。

 
なので、人生で初のキリスト教十字架(明るい背景用) †SbWebs†の礼拝を体験して
すごく驚くことが多かったです。

 
でも、仏教もキリスト教も
きっと基本の教えの部分は同じではないかと。

 
人を思いやり大切にし、
そして、また自分自身も思いやり大切にする。
 
今日、こうして命があることへの
感謝の気持ちを持つことの大切さなど、
 
大切なことを思い出させてくれるような
そんな時間でした



  
教会で出会う人々は、
本当に気さくで人柄の良い人ばかりで
礼拝が終わった後も、帰る気がしなかったくらい笑


 
今回、カメラを持参して写真を撮ったので
後ほど掲載しますが、
 
そのカメラやかばんなどの貴重品も、
当たり前なことなのだろうけれど、
ずっと持ち歩かなくてもよいというのが素晴らしいびっくり

 
でも、よく考えてみると
きっと、これが本来のあるべき姿なのでしょうね。

 
色々と考えさせられ、勉強になりました。



 
ここからは、撮ってきた写真を公開します

 
0811church1
 
こちらは、font(洗礼盤)です。
修復をされているようですが、綺麗に保存されています。
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 00:00 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

教会の隣に広がる光景

 
昨日の記事に引き続いて、教会ネタです♪
 
☆ 関連記事は、こちら



 
全ての説明を牧師さんより受けた後、
教会が発行している情報誌のライターさんの
ご紹介があり、ライターさんと挨拶を交わした後に
少しだけ情報誌のことに関しての説明を受けて
その日は、教会をあとにしました。
 
☆ 関連記事は、こちら



 
教会から車に向かう途中、目にした光景 

 
0809uma1
       
乗馬で名の知れた、さすがはイギリス
 
と言っても、
こちらの馬は、乗馬用ではなさそうだけど。。。 どうだろ。


  
あたしが、携帯カメラを向けた瞬間に、
 
  
0809uma2
     
約1頭、どうやらカメラ目線みたいっす~馬
人懐っこいお馬さんだこと。


 
今度は、モデルのようにポーズをとり始めた!!

  
0809uma3
   
日本在住時代は、こんなふうに日常生活で
馬を近くでみることなんて不可能だったので
すごく興奮しまくりでした~BOON01
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 00:00 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

【3日目】キャンプ生活 in Atwick & Filey

 
今日は、最終日の3日目について。
 
☆ キャンプネタ 第1話は、こちら
☆ キャンプネタ 第2話は、こちら


 
 
2日目の夜は、
霧がすごかったこともあり、明け方はものすごく寒くて
友人たちのところは、耐えきれずに車の中で過ごしたそうな。

 
あたしも、この夜は前夜よりも寒さを感じて
途中で体がガクガクと震えてしまったほどだったjumee☆faceA135

 
クマ夫の体がかなりポカポカしていたので、
彼の体をホッカイロ替わりにしたりなんかして。。。笑


 
 
そして、迎えた3日目の朝。

  
この日も、
起床時は曇っていて残念がっていたあたしたち。


 
義兄が、この天気の悪さに耐えかねて
もう帰るぷちと言いだしてしまったがーん

  
どうやら、義兄は本気だったようで
テントをたたみ始めてしまい。。。

  



 
そうこうしていた矢先に
ついに、待ちに待った太陽が姿を現しましたおひさま

 
0630camping4
 
何というタイミング。。。 という感じでしたよ、全く
 
義兄たちのテントは、いちばん大きかったので
たたむのもかなり時間が掛かっていましたねぇ。
  
それに比べて、
我が家の小さいテントは、あっという間だった。



 
 
キャンプ場を後にする前に、
ようやく目の前に広がるNorth Sea(北海)が
綺麗に見えたので写真撮影
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 15:54 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

【2日目】キャンプ生活 in Atwick & Bridlington

 
ようやく先週のキャンプ生活2日目の写真を
数枚GETしたので、今日はそのことについて書きます。
 
と言っても、大した写真はないのですが。。。


☆ 前回のキャンプネタは、こちら

 
 
では、早速スタート。


  
 
1日目の晩は、
明け方の寒さとクマ夫の恐竜のような鼾、
あとは、多分環境の変化のせいかと思うのですが
2時間くらいしか眠れませんでしたjumee☆faceA150



   
そして、迎えた2日目の朝。

 
前夜の酷かった霧がかなりマシになっていました。
でも、テントの外側はすごい水滴でしたけれどね~。

 
0703camping1
 
ちなみに、これは義兄一家のテント。
そして、向こう側に見えているのが友人たちのテント。
 
てなわけで、あたしたちのテントが一番小さかった。。。


 
義兄のパートナーが、朝食を作ってくれたので
あたしは、コーヒーを担当コーヒー



  
身支度をして、キャンプ場のあるAtwickから
車で約30分の所にあるScarboroughという町へ向けて出発GTI


車を走らせている最中に、ものすごい霧に覆われて
おまけに雨まで降ってきたっ


 
Scarboroughでは、ビーチで遊ぶことになっていたので
あたしは、内心本当に行くのかなぁ~と思っていた。


  
すると

 
義兄のパートナーよりクマ夫の携帯に着信ありで、
どうやら、Scarboroughではなく、その道中にある
Bridlingtonという町へ変更するとのこと。
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 23:59 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

【1日目】キャンプ生活 in Atwick

 
今週は、先週末のキャンプの疲れが出ている模様汗
 
てか、体力ないよなぁ。。。 あたし落ち込み


 
天候が悪かったので、あまり一眼レフを使いたくなくて
お陰で今回写真はあまり撮れませんでした。

 
まぁ、数枚撮りましたので今から
キャンプの模様とともにアップします


  
実は、木曜の夜(正確には夜中)に夫婦喧嘩が勃発
それで、この日眠りに就いたのは日が昇り出した頃。
 
まぁ、喧嘩の内容はよくあるようなことです。


 
 
それで、木曜の時点でキャンプに行くかどうかが分からず
あたしもクマ夫も、てっきりキャンプへは行かないものと
勝手に思い込んでいたわけですが。。。

 
金曜の昼、いきなり義兄から電話が掛かってきて
突然、金曜の夕方よりキャンプに出掛けることにっ



 
それはいいのですが
 
何せ急なことだったので、前回のように準備も出来ておらず
しかも、昼に電話が掛かってきたと思ったら
その2時間後には出発するとのことだったので
あたしたちは、慌ててベッドから飛び起きましたBOON01
 
何せ、朝眠りに就いたので余裕で昼まで寝てました



  
結局、準備が追い付かず
あたしたちは義兄たちとは別に出発をすることになり、
キャンプ場(Atwickという町)に到着した頃には、もう19時半で
当然のことながら、彼らのテントは既に張られていて
あたしたちも慌ててテントを張りましたjumee☆Camping1R
 
ちなみに、イギリスの現在の日没時刻は、22時くらいです。


  
0630camping1
 
到着したときから、霧がすごくて写真を撮るのもひと苦労。
霧がなかったら、もっとクリアな写真になったのに残念。
まぁ、雨じゃないだけマシです。

 
ところで
 
あたしたちのテントは、めちゃくちゃ小さいです。
 
義兄と友人たちのテントは、
テント内を普通に立って歩き回れるようなタイプのもの。

 
あたしたちも、次回テントを買うときは
そういうものにしようと思いますが、
あたしは、結構この小さいテントが好きだったりしますハート


 
テント内は、こんな感じ。
 

≫ Read More

| イギリス生活(情報) | 23:39 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

まだこの病と闘ってたんですっ!!

 
春先からずっと続いていた皮膚の痒みですが、
昨夜は、これまた一段と激しかったですjumee☆faceA73
 
☆ 関連記事は、こちら


 
痒みがあまりにも酷かったのでしょうねぇ。
 
眠りの中にも関わらず、
皮膚を掻き毟っているのが分かるのですよ。


  
そして、
 
午前2時半にとうとう覚醒目


 
そこから、隣で気持ち良さそうに眠っているクマ夫を
起こすまいと必死にベッドの中で痒みと闘っていましたが、
何せ、痒みで目が覚めるくらいの痒みですから
我慢の限界はすぐそこに見えていたわけです。


 
毎日のように、
市販の抗アレルギー薬を服用しているにも関わらず、
最近では、その効果も全く感じられくなり
そろそろ自力での治療は限界かとも思っていたのですため息


 
そして、
 
今朝、クマ夫がGP(家庭医/一般医)に連絡をして
診察の予約を入れてくれました
 
☆ イギリスの医療制度の説明は、こちら


 
幸運なことに、
診療所は自宅から徒歩3分の所にあります。

 
午後5時10分の予約だったので、
それまで、今日は何処にも行かず自宅でのんびりゴロゴロ

 
念のため、クマ夫にも診察室の中まで
付き添ってもらったものの、
 
例え医療の英語が難しいとしても、
いつまでも、クマ夫の英語に頼ってばかりいては
自分のためにならないと思ったので
まずは、自力で症状を説明してみました。

 
途中、あたしの言葉に付け加えて
より詳しく症状を説明してくれたりしたので助かりました。


 
今回、医師より処方されたお薬はこちら。

 
0616tablets
 
今まで服用していた市販のものに比べて、
こちらのお薬の効力は、少し強めとのこと。
 
まだ服用していないので、実際のところは分かりませんが。。。

 
とにかく、熟睡出来たら今はそれでよしとします。


 
こちらで、痒みが治まらないようなら
また、来週にでも再診を受けた後、血液検査をするとのこと。


 
ん~、どうなることやら。

 

 
ちなみに、さすがはNHSですね。
 
お財布を持参しなくてもよかったという具合に
診察もお薬の代金も無料でした。



 
只今、皮膚病に効く漢方薬を検索中です。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| イギリス生活(情報) | 22:30 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

ウォーキング先で出会った風景

 
あたしにとって、イギリスのメリットのひとつjumee☆point1e

  
 
それは、
夏期の日照時間おひさまが長いことであったりします。
 
 
まぁ、日照時間と言えども
グレイの空と雨空が多いことで知られるこの国なので
そんな空模様の日は、昼間でも暗いわけですが。。。



 
今日は、20時半からクマ夫の案内の元
近所へとお散歩に出掛けていました

 
さすが、ここで生まれ育っただけあって
地元の人にしかわかり得ない抜け道のような
細い道を熟知しているクマ夫ですコリラックマ


 
途中で、川や池にも出くわしたりして。。。

 
0608walking
 
鳥の囀りが聞こえてきて、とても心安らぐ場所でした。
池で釣りをしている人も発見

 
でも、誰もがここで釣りを出来るわけではないそうです。
 
クマ夫曰く、
ここで釣りをするには、licenseが必要とのこと。



 
この町で暮らすようになってから、もうすぐで5カ月。
まだまだ、あたしの知らない素敵な場所が沢山あります。

 
クマ夫とこうして少しずつ発見していけたらと思いますハート



 
育てた苺を今日クマ夫と食しました
普通に甘くて、市販のものと同じような味でした
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| イギリス生活(情報) | 23:59 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

イギリスのLash事情

 
下向きに真直ぐ生えるまつ毛は主にアジア人(東アジア)に
多いと聞きますが、どこからどう見ても100%日本人
(よく中国人に間違われるけど)にしか見えないあたしは、
その下向きに生えるまつ毛の持ち主だったりしますjumee☆faceA150


 
イギリスに移住する目前に、
もちろんまつ毛パーマをあててきましたが、
もう4カ月以上も前のことです。。。

 
今では、もうその痕跡もないくらいに
きれいにとれきって真下を向いてしまっています落ち込み

 
 
どこに行ったらまつ毛パーマをあてられるのかと
日本在住の頃からネットで検索をし続けてきましたが、
 
よく考えてみたら、
こちらの人にとってまつ毛パーマというものは
あたしたち日本人ほど必要性がないように思います。

 
だって、元々上向きに生えているんだもんっ
まぁ、骨格の造りが全く違いますしね。。。


 
まつ毛パーマの代わりによく見るのが、
まつ毛を染める【Lash Tint】(約£10)というものなのですが、
 
これって、それほど需要があるのかが疑問。

 
こちらの女性も、
多くの人がマスカラを使用しているようだし
マスカラを塗るのなら全く意味がないと言うか
必要ないと思ったりするのですが。。。

 
 
 
最近、結婚式のヘア&メイクについて
ネット検索をしていたのですが、
ついに、メニューの中にまつ毛パーマを発見

 
でも、
 
£30もするんですよねっ

 
 
そんなにお金を掛けてまでする必要はないかと思うので、
ビューラーと愛用中のマスカラに頼りながら
毎朝、目力発揮に全力を注いでいますコスメ

 
最近は、手慣れてきたこともあり手早くなってきたけれど、
やっぱり、まつ毛パーマはあたしにとっては極楽だったな。。。jumee☆faceA73



 
今日のイギリスは、気温も20度くらいまで上がり
これまた快晴で気持ちがよかったですおひさま
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| イギリス生活(情報) | 23:15 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT