3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

人生が変わった瞬間

クマ夫との結婚を明々後日に控えて、
なぜか突然、過去を振り返ったりしてます。



昨日は、元カレ・BBについて書いたけれど、
今日は、もうじきあたしの夫になるクマ夫について。




実際、クマ夫とイギリスで会うまで
あたしは、クマ夫の人間味のある人柄に惹かれつつも、
やっぱり、心のどこかでまだBBの存在が大きかった。



そして、その頃初めて心療内科を受診して
自分がパニック障害&不安障害患者だということを知った。



今まで、随分ひとり強風の中を突っ走ってきた。
強がりと強い姿勢で身も心も固めて、
そうして自分のことは自分で守ってきた。


その自分は、実は本来の自分の姿ではなく、
随分、無理をしていたのだということに
気付くまでには、少し時間が掛かった。




何一つとして思い通りにいかないことに
はっきり言って、かなり焦っていたと思う。




でも、あたしは、前に進むことを止めなかった。


どんなに心がボロボロに壊れても
前に進むしかないと思っていたし、
前に進むまなきゃ、何も変えることなんて
出来ないことをわかっていたから。。。



あんな大失恋のあとだったし、
とても臆病になってしまっていたけれど、
あたしは、クマ夫に会ってみたいという
正直な気持ちをその臆病な自分に
奪い取られたくなくて。。。


それで、会いに行く決心をしたの。
 


初めてマンチェスターの空港でクマ夫に会ったとき、
なぜかわからないけれど、ホッとしたのを覚えてる。



実際に会ったことで、一瞬にして距離が縮まった。
友達以上の『好き』の気持ちも、どんどん膨らむばかり。
だけど、クマ夫の本当の気持ちがわからなくて
あたしは、それ以上の領域を超えれずにいた。



2年前の8月14日。
クマ夫がHaworthへ連れて行ってくれた。
お天気は曇っていて、時々小雨が降っていたけれど、
辺りを見渡せば、そこには綺麗な丘が延々と広がり
見るものを魅了してならない、とてものどかな風景。


そんな中で、クマ夫のあるひと言により
あたしたちの交際が始まったのだった。




交際が始まってからも、
あたしは将来に対して不安で
そのことで、随分悩んで悩んで。。。


気付けば、真っ黒い絶望の中にいた。




クマ夫に、こんな酷い
ひと言を浴びせたこともあった。



『どうせ、あたしも、クマ夫も
何をしたってもうダメなんだよ!!!
頑張っても、想っても、何も変わらない。
人生なんて、所詮はこんなものなんだよ。』



って。。。




あんなふうに、恋人に対して
弱音を吐いたのは初めてだった気がする。





そして、
クマ夫は、あたしにこう言った。



『おいらは、rabbiの人生をいいように
変えたいって、本当にそう想ってるよ』



って。。。






そして、今年のバレンタインデー。
クマ夫は、いつもより何だか緊張しながら
また、あたしをHaworthへと連れて行ってくれた。



凍える手をポケットにいれて。。。
そして、そのポケットにこっそり指輪をしのばせて。。。



あのとき、言ってくれたみたいに
あたしの人生をいいように変えるために。。。


あたしに、将来の約束(プロポーズ)をするために。。。






今でも、あの瞬間を思い出すとキュンとなる。



クマ夫、今までも、
そして、これからも。。。 ありがとう。









そんなクマ夫から、先程携帯に電話あり
何やら、サプライズのつもりで14日に届くはずのお花が
日付を書き間違えたらしく、なんと。。。
明日、届くことになっているらしいです。。。
まぁ、こういうドジるところ、ある意味クマ夫の長所だわっ。
だって、あり得な過ぎて笑えるんだも~んっ!!!!!
さすがは、天然だけあるよ。。。クマ夫よ~コリラックマ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| 過去のこと | 22:33 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

恋が愛に変わる時

きっと、クマ夫さんはrabbiさんの人生を変えてくれるはずですよ! もう~変わりかけているし、で会った時から変わってきているんだと僕は思いますよ!
13日と14日は時差?ついにきたねぇ~

| Lucien | 2008/08/12 03:52 | URL | ≫ EDIT

*Lucienさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

そうですね…。 クマ夫は、結構肝心なときにドジったりしますが、いつも真剣なんで、誠実な人です。 今から思えば、きっとクマ夫に会いに行った2年前からあたしの人生は、少しずつよい方向へと変わり始めていたような気がします。
クマ夫のこれからの人生も、いいように変えられたら… 本当、そう願っています。
「夫婦」になる時間が、もう目の前まで迫ってきましたっv-22
英国と日本の時差は、現在はサマータイムの関係で8時間です。日本の方が早いです。 サマータイムが終わると9時間の時差になります。
でも、10何時間とかではないので割りと御祝とかは一緒にしやすいかもしれないですね。 WEBCAMもあることだしっv-345

| rabbi⇒Lucienさん | 2008/08/12 14:18 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

私も独身のときは、自分で回りに高い壁を作って自分を守ってました。
rabbiちゃんとは比較にならないかもしれないけれど。
でも結婚して、とお~っても楽になったのは事実。
自分で守らなくても、守られてるんです。
それは大きな安心感。
その安心感がrabbiちゃんにも訪れたら、心の問題も自然に解決していくかもしれない。
Positive thinking、付き合っていた頃の夫にも言われました。
そういう考えの人と一緒にいることはいいかも、って思ったのを思い出しました。

| 愛されている妻 | 2008/08/12 15:33 | URL |

*愛されている妻さん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

そうですよねぇ。 確かに、独身と違って結婚したら相手に守られている感じがして、それが安心感へと繋がっていくのだと思います。
うちの婚約者(今日でこう言えるのも最後なので、言っておこうっ♪)も、かなりのプラス思考なので一緒にいるとあたしまでそんな感じになれるから不思議です。

クマ夫と結婚することで、心のほうも落ち着いてくれたらいいなぁ~って思ったりしてますe-420

| rabbi⇒愛されている妻さん | 2008/08/13 12:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。