3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【8/26】London

 
昨日に引き続き、
ロンドンでの滞在記です
 
☆ 関連記事は、こちら
☆ その他の両親滞在中の記事は、こちらこちら



 
ロンドンは、やっぱり大都会です。
 
東京も常に人が多く、
交通の量も半端ではないと思うのですが、
ロンドンは、更にその上をいくような気がします。

 
何せ、あたしたちのようにカメラを片手に
英語以外の言語を話しているような観光客が多いびっくり
 
ロンドンのお店などで働いている人の大半も
恐らく移民ではないかというほどに
ロンドンは人種の坩堝ですね~

 
それもまた、
ロンドンの魅力のひとつかもしれません。




  
2日目の夜のフライトで
両親は日本へ帰国するということもあり、 
この日は、朝に宿泊していたホテルをチェックアウト

 
0920londontrip10920londontrip2
 
このホテルは、3年前くらいに日本で購入した
某ガイドブックに掲載されていたところで
ここが、ロンドン市内の中心にあるホテルの中で
一番お手頃価格だったのです~jumee☆point1e


 
部屋の写真など、全く撮っていなかったので
ここに掲載出来ないのですが、 
安い割には、それなりに良かったです。
 
ただ、バスルームのドアの鍵が
微妙に壊れていましたけれどネ。。。jumee☆sweat1b

 
 
ここでも、父が笑顔なのには驚きです絵文字名を入力してください
 
今回の旅は、成功だったということかな~。


 
朝食付き(Full English Breakfast)だったので、
他のところへ朝食をとりにいく手間が
省けたことも良かったです。
 
☆ あたしたちが宿泊したホテルのHPは、こちら



 
車にスーツケースを積み込んで
身軽になったあたしたちが向かった先は、
St Paul's Cathedral十字架(明るい背景用) †SbWebs†
 
☆ St Paul's CathedralのHPは、こちら
 
 
0920londontrip8
 
故・ダイアナ妃が結婚式を挙げたところ。
 
ここへは、あたしたち夫婦もまだ訪れたことがなく
母も、中を見学したいということだったので
入場料を支払い、いざ中へ。。。
 


 
 
父は、あまり興味がなかったようで
その周辺を散策に出掛けました~

 
一旦中へ入ると、
そこでは、一切の撮影(写真やビデオ)は禁止
携帯の使用も禁止されていました。

  
階段を使って建物の上部に上がれるようになっていて、
時間と体力の関係上、最上部には上がらなかったものの
その手前まで、クマ夫と一緒に上がってきました。

 
 
もう少々、写真をアップ

 
0920londontrip30920londontrip5
0920londontrip4
  
一体、階段を何段くらい上がっただろう~。
 
階段途中に、小さいベンチみたいなものもありました笑
いや~、だって普通にしんどかったもんね~

 
liftも備え付けられているようですが、
これは、体が不自由な方のためのものであって
それ以外の方は、使用することは出来ないようです。
 
  
2012年に開催される【ロンドンオリンピック】に向けて、
ありとあらゆるところの工事工事が行われていました。



  
空港に向けて出発するまでに
まだ少し時間があるということで、
Trafalgar Squareも訪れることになりました。

 
0920londontrip9
 
またもや、見事な青空の下での撮影空
 
ロンドンのシンボルともされる赤いバスが、
このsquareの周りをグルグル走っています。


 
もう少々、写真をアップ

 
0920londontrip60920londontrip7
  
ここを訪れていた際、
に乗ってパトロール中の警官に遭遇。

 
こういう光景は、日本に住んでいると
なかなかお目に掛かることがないかもしれないですネ~。



 
そうこうしている間に、もうお昼ご飯の時間になり、
車を駐車していた場所に戻る道中にあった
マクドマック(関西出身なので、こう呼びます・笑)にて
少し遅めの昼食をとることに。

 
0920londontrip10
 
テムズ川の畔にあるところのマクドなのですが、
ここは、本当にすごい人でした~汗

 
それもあって、お店がごった返しになっていて
店員さんに、注文を間違えられるわ、
長蛇の列が出来ていて、外へ出るのに一苦労だわで
かなり大変な思いをしましたが、今となってはいい思い出。


 
写真の手前で歩いているのは、
あたしの両親です。

  
長旅で、しかも結構ハードなスケジュールで
疲れ果てているはずなのに、
そんな疲れを一度も見せることのないまま
元気に日本へと帰っていきました。



 
昼食後は、テムズ川の畔にあったギフト店にて
少しばかりお土産を購入して、無事に今回の旅は終了。

 
ヒースロー空港へ向かい、
何やら、胸の内から込み上げてくる感情があったものの
無事に、両親を見送ることが出来て良かったです。
 
☆ 関連記事は、こちら



 
と、
 
両親との旅行記は、これにて終了なわけですが、
この翌日、自宅に戻る際に立ち寄った
Oxfordでの記事もまた書きたいと思っています。

 
てか、もう旅行記はいいって感じですかね。。。jumee☆sweat2Rb
もう少々、お付き合い頂けると嬉しいです♪




 
前回の記事より短い記事のはずが、
やっぱり長くなってしまいましたネ~
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| イギリス生活(情報) | 17:06 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

NoTitle

ふと思ったのですが、笑顔のお父様、海外での日々が想像よりも楽しかったのでは?
外国なんてメンドクサイとか感じていらっしゃったかもしれませんが、いざ行ってみると意外に素敵な場面ばかりに遭遇されたのかしらーって思いました。
それもこれもrabbiさんご夫妻がきちんと計画を立ててご両親を観光に連れて行かれたおかげだと思います。疲れたかもしれませんが、きっとご両親にとっても忘れられないすばらしい旅の思い出になったと思います。

| Ros | 2009/09/23 14:14 | URL | ≫ EDIT

*Rosさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

いえいえ、あたしたち夫婦は、本当にマイペースなので全然何の役にも立てず…な感じでした(汗) だからこそ、こんなふうに笑顔でいてもらえたことが、本当に嬉しかったです。良い思い出が、本当に沢山出来ました。

昔、両親にあたしたちの結婚を猛反対されたときを思うと、本当に未来にはこんな日々が待っていたということが不思議です。時間とともに、人の想いって変わるものなのですね。

温かいお言葉、本当に嬉しいです。ありがとうございます☆

| rabbi⇒Rosさん | 2009/09/23 23:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。