FC2ブログ

3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

クマ夫のリアクション

昨日の話の続き。。。



数時間後に、クマ夫がすっごい勢いで
電話をくれたってところからだったよね、確か。





そうなの。。。




『交通事故に遭った




としか、聞き取れなかったクマ夫は、
心配で心配で気が気でなくって
仕事中にも関わらず電話をくれたの



あのいつもマイペースなクマ夫が、
そのときばかりは、本当に声のトーンが
いつもの暢気さとは一変して、



マジもマジっ



。。。って、



普通に考えりゃ、そりゃそっか





それで、そこからかなり質問攻めにあって
自転車同士がぶつかり合う事故で
ちょっと打撲して痛いくらいだと話すと
急に声のトーンが和らいで。。。


電話だから、もちろん顔が見えないけど、
声のトーンで相手の表情が想像できるの。




あたしが軽症ですんで安心している様子が
受話器の向こうから伺えたので、
あたしも、そんなクマ夫を想い安心した。





でも、それから
また発作を起こしたことを言うと、
やっぱり、また声のトーンが
少しずつ変わっていって
すごく心配してくれているのがわかった。



上司が理解ある言葉を
掛けてくれたことを話すと
クマ夫も、とても安心したようで、



『それは、本当によかった。
とにかく、今はゆっくり休んで。。。』




と、言ってくれて、
そんなクマ夫の言葉にまた癒され
とっても励まされた
 


病気になって、
確かに辛いことも沢山ある



だけど、正直なところ
辛いことばかりでもないの。





辛いながらも、普通に暮らしていたら
きっと、一生気付かずに
人生の幕を下ろしていただろう。。。
と、思えるほどのことも沢山ある



もしも、あたしが
この病気になっていなかったら。。。



あたしは、
以前のあたしのままだったはず。




人のことを労ったり、
人に優しくしたり、
人のことを気遣ったり、
人を心から愛したり。。。



それと同時に。。。



自分自身を真剣に見つめてみたり、
真剣に生きようとする姿勢、
強い志を持つということ、
人に愛されることの
幸せや喜びを知るということ。。。




そんな当たり前のようで
普段、普通に健康に生きていたら
気付けないようなことを
沢山知って経験して学ぶことが出来た。




だから、決してあたしが病気になったこと、
今、この病と真剣に闘っていること、


全ては、必然的に起こっている出来事であり、
無駄なことなんて、何ひとつとしてない。。。



きっと。。。





段階が10あるとして、
あたしが、10(最大な域)くらいなまでに
深刻だって思えることが、
クマ夫に話すと、
彼にとっては2くらいに思えるらしい



そう。。。



彼は、根っからの
『Positive君』なわけっコリラックマ



そんな『Positive君』の隣にいるとね、
不思議なもので、自然とこっちまでも
そのパワーを受け継いでいくのよねぇ~





今日、仕事帰りにクマ夫に電話したの
途中で、彼ママと電話を変わったんだけど、
一昨日の事故のことを心配してくださっていたようで、
色々とお気遣い頂いちゃって、嬉しかったぁ~



クマ夫は、基本的に
自分の家族に何でも話すの。。。


あたしとのことや、あたしの家族のこととか。



もちろん、ふたりだけの
内緒話は誰にも話さないけどね~





弱音ばっかり吐いてないで、
クマ夫に会える年末のことを楽しみに
毎日を楽しく過ごせたらなぁ~



何か、それまでちゃんと
ここで頑張れそうな気がするの。。。





油断は禁物だけど、
少しずつ良い方に向かってきてるかも
こんなrabbiの応援ヨロシクですっm(._.*)mペコッ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| 遠距離恋愛 | 22:16 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

ほわぁ~ん
読んでて、なんかとっても温かい気持ちになっちゃったv-278
rabbiちゃん、クマ夫さんに愛されてるのね~v-343
婚約中のカップルだものね、当たり前かな。
事故があって、ホントにホントに大変だったけど、クマ夫さんもクマ夫ママも心から心配してくれて、よかったね。

病気でない私が言う資格はないかもしれないけれど、悪いことばかりでない。
私、ホント、そう思うの。
rabbiちゃんが言うように、他人の痛みを知って、自分自身を見つめる機会にもなって。
かなり、痛そうだけど…v-409

心臓ばくばくの発作って、私、閉所恐怖症があって、教会のベルタワー(窓のない細い狭い階段)とかで、心臓ばくばくして、怖くて進めなくて戻るのも大変なんだけど、それのもっとすごく大変な感じなのかな。
病院でMRIの撮影をした時は、パニックになりそうだったv-399
って、関係ない事、ごめんねv-436

来月には、クマ夫さんの奥さん。
考えるだけでも、心があったかくなれるね。
そんなに結婚の書類、大変だった記憶がないから、プレッシャーに感じる必要もないと思うよ。

なんか、安心しちゃったぁv-410

| 愛されている妻 | 2008/07/11 15:41 | URL |

*愛されている妻さん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

愛されているだなんて。。。言われるとやっぱり普通にテレちゃいますe-349e-415
今日は、チャットをしていたときに『婚姻届』とか書類をまたまじまじと見てたんです。ひとり勝手に(笑) そしたら、本当にあともう約1ヶ月で彼の妻になるんだな、あたし。。。って思うと、本当に嬉しくて幸せな気持ちになってきましたっv-22

本当、発作が出たあとなんかは、やっぱりこの病気になってしまった自分が悔しくって情けなくなってしまうことも多いけれど、少し落ち着いて冷静になって考えてみたらいいところだって実は沢山あったりするのですよね。
そんなことに気付けたことも、きっと彼や周りのみんなの支えのお陰だって思って、本当に感謝してますe-459

ところで、閉所恐怖症なのですね。それも、お辛いでしょう。度合いが違うと言っても、やっぱり辛いものは辛いですもの。 それにしても、本当、あの心臓が飛び出るかと思うほどの動機は本当にパニックに陥ってしまいますe-263

でも、本当に少しずつですが、毎日1mmくらいは前に進めているかなぁ~って思ってます。 …って、本当に少しでしょ!?(笑)

| rabbi⇒愛されている妻さん | 2008/07/12 14:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。