3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3日目】キャンプ生活 in Atwick & Filey

 
今日は、最終日の3日目について。
 
☆ キャンプネタ 第1話は、こちら
☆ キャンプネタ 第2話は、こちら


 
 
2日目の夜は、
霧がすごかったこともあり、明け方はものすごく寒くて
友人たちのところは、耐えきれずに車の中で過ごしたそうな。

 
あたしも、この夜は前夜よりも寒さを感じて
途中で体がガクガクと震えてしまったほどだったjumee☆faceA135

 
クマ夫の体がかなりポカポカしていたので、
彼の体をホッカイロ替わりにしたりなんかして。。。笑


 
 
そして、迎えた3日目の朝。

  
この日も、
起床時は曇っていて残念がっていたあたしたち。


 
義兄が、この天気の悪さに耐えかねて
もう帰るぷちと言いだしてしまったがーん

  
どうやら、義兄は本気だったようで
テントをたたみ始めてしまい。。。

  



 
そうこうしていた矢先に
ついに、待ちに待った太陽が姿を現しましたおひさま

 
0630camping4
 
何というタイミング。。。 という感じでしたよ、全く
 
義兄たちのテントは、いちばん大きかったので
たたむのもかなり時間が掛かっていましたねぇ。
  
それに比べて、
我が家の小さいテントは、あっという間だった。



 
 
キャンプ場を後にする前に、
ようやく目の前に広がるNorth Sea(北海)が
綺麗に見えたので写真撮影
 


 
 
0630camping5
 
またもや、自然の持つ大きな力に魅了されました。
グラデーションがすごく好きです。

 
ちなみに、こう見ると海がすぐそこにあるように見えていますが
実際には、キャンプ場はCliff(断崖)のところにありました。
あんな霧が酷い日は、誤って転落して海に落ちてしまいそう。
 


 
晴れてきたので、ビーチ砂浜で遊ぶことになって
帰り道にあるFileyという町に立ち寄りました。
 
  
キャンプ場のあるAtwickからFileyまでは、
車で約45分ほどだったと思います。


 
海辺の町の、その独特な雰囲気にまた魅了されながら
あたしたち一行は、ビーチへと向かいます。

  
0630camping6
 
向こう側に広がるNorth Sea(北海)が見えてきました。
 
犬連れの夫婦や家族が、
こうしてのんびりとお散歩を楽しんでいて素敵でした


 
晴れていたので、それなりの写真が撮れました。

  
0630camping7
 
どこまでも続くビーチ、そして心安らぐ波の音。
洗練されたSea Front(海岸沿い)の風景。
 
どれをとってみても、絵になる感じでした。


 
0630camping8
 
レンズを望遠に変えて撮影した一枚。
 
男性が裸足で波際を歩く姿が何だかとても印象的で、
次の瞬間にはシャッターを切ってましたにこ

 
晴れると本当に別の国に来たかのように
景色が180度変わるイギリスです



 
子供が砂遊びに興味があるのは、万国共通なようで
こちらの子供たちも、砂浜に来たからには
持参した道具を使ってSand Castle(砂で作るお城)を
次から次へと作って楽しんでいました。

  
0630camping9
 
こちらは、お城ではないけれど巨大なdolphin(イルカ)イルカ
 
こうして、作られた作品の傍には
作った人の名前などが一緒に書かれていて
砂浜が、瞬時に展覧会に変わるからおもしろい。

  
ところで、さっき知ったのですが、
イルカって、漢字で書くと【海豚】なのですね。
海の豚??? イルカが?????


 
 
と、まぁ、こんな感じのキャンプ生活でした。

  
次は、もっとお天気に恵まれることを願いつつ
キャンプネタは、これにて終了です。

 
お付き合いをくださいました皆様、
どうもありがとうございました~。




 
今夜は、クマ夫のバンドのライブがあるので
また顔を出す予定でいますルンルン
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| イギリス生活(情報) | 15:54 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

ステキ

すっごいステキ!
キャンプ場からこんな素敵な海が見れるなんて!
霧とか曇りで実際キャンプ場を発つ直前まで、この素敵な景色はお預けにされていたようだけど、晴れるまで崖から落ちることなく、ちゃんと崖の上のキャンプ場から見れたことに乾杯♪
本当に素敵な所。
イギリスってお天気次第でホント全然違う表情の顔をもっているんだね。

いつか行きたい!そう思って読んでいました。

| iyoume | 2009/07/05 10:01 | URL | ≫ EDIT

この写真たち、絵葉書みたい。天気によって、景色が変わるっていうのわかります。バンクーバーもそうかも、イギリス人でバンクーバーに越してきた人たちは、雨季でグレーな天気をみても、”イギリスを思い出す”っていうくらい。

キャンプ場って、寒いと最悪だよね。うちらも、昨年は、寒さと雨のあまり、テントの中まで湿って、最悪な経験があったのよ。

ご主人のコンサートの写真、お待ちしてます。UPしてね。笑。

| モナちゃん | 2009/07/05 20:34 | URL |

*iyoume*

コメントどうもありがとうっv-254

そうそう。こんなに素敵な海と知ったのは、キャンプ場を去る直前だったので残念。掲載してる写真だとわかりにくいんだけど、本当に絶壁でさ…。過去に誰か落ちたりしていないのかなぁ~と不思議だったよ。

イギリスは、本当に天気のいい日は稀と言うか…。だからこそ、晴れの日は違う表情をした風景を思いっきり楽しまないと!!と言う感じです。
ぜひ、遊びにきて~。待ってるよ~☆

| rabbi⇒iyoume | 2009/07/06 18:44 | URL | ≫ EDIT

*モナさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

バンクーバーもそうなんですね。雨季があるのですか。なるほど。
キャンプは、雨と寒いときはタブーですよね。あたしたちのテントも、寒さと霧でテントの中も水滴になったりしました。テント内が濡れるのはかなり最悪ですよね。

イギリスは、日本のように蚊に悩まされることがないので、また夏の間にキャンプへ行きたいです。

| rabbi⇒モナさん | 2009/07/06 18:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。