3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

国際結婚(イギリス)に関する情報サイト

 
まだ日本でOLをしていた頃、
よくお昼休みに席でランチを取りながらネットで
国際結婚に関する様々な情報集めをしていた。

 
そんなときに出会ったのが、こちらのサイト



 
個人的な観点からすると、
サイト上に書かれている内容に対して
部分的に【はてなマークが飛び交うものの
自分もイギリス移住組のひとりとなった今は、
彼女(著者)に賛同出来る部分が多いように思う。



  
あたしが、上記のサイトで惹かれた部分は、
 
イギリスという国、現代のイギリス社会、
そして、イギリス人たち(他の国籍も含め)の中で
自分が日本人として暮らしていくための心得や、
イギリスと日本の文化の違いなどについても
分かり易く記述されており、
国際結婚においての良い面だけではなく
そうでない面も書かれているところが良いと思う。



 
このサイトにあるカテゴリーを
再度、片っ端から読み直してみた。

 
このサイトに初めて出会ったときは、
婚約はしていたものの、まだ独身だった。

 
当時も、【イギリス人と結婚をする】と言うことを
特に特別に思っていたわけではなかったけれど、
 
今、また読み直してみて確信した。


 
イギリス人も日本人も、
あたしたちは、元を辿れば皆【人間】であり
人種や言葉や文化などの違いはあるものの
やはり、ひとりの人間として互いを尊重し
思い遣りながら生きることが大切だということを。。。


 
このように文面にすると、
多少なりとも簡単に聞こえるけれど
実際は、割と難しいことであると思う。


  
これからも、

イギリス人とか日本人とかいった枠に
必要以上に囚われ過ぎることなく
長所と短所をうまく自分の中で調和させていきたい。


 
結婚生活もイギリス生活も1年目で
まだまだ学ぶことが多い未熟者ですが
これからも、あらゆることに興味を持って
毎日を大切に暮らしていきたいと思う。



   
ちなみに、
あたしが、上記のサイトで共感したのは、こちら
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| 国際結婚 | 23:59 | comments:14 | TOP↑

COMMENT

私もそこのサイト、読みまくりましたv-291
とてもわかりやすく、書いてくださっているし、トピックごとに別れているから、自分が探したいポイントがすぐわかりますよね★

私も、準備しないと・・・(涙)

| うこんボンバー | 2009/06/22 03:53 | URL |

パートナーとの関係を保つのに、相手を思いやったり理解しようと努力したり話しあうことに、人種はさほど関係ないと思います(宗教や慣習は少し影響するかも??)。
このところ外国人の方とおつきあいをしていますが、以前はずっと日本人でした。なので相手の国のことに興味があってネットで見たりしていると、ことさらに「国際」という言葉を強調していますよね。そこにずっと疑問がありました。
実際、他の国では違う国の人をパートナーに持つことも多いと思うのですが、彼らはさほど「国際、国際」なんて言ってない気がします。
鎖国時代もあった島国ですから、外国人と生活を共にすることに慣れていないからかもしれないけれど、どの国の人であっても気の合う人合わない人、話の通じない人通じる人っていると思いますし・・・(苦笑)。
今の彼は日本人ではないけれど、相変わらず別に国際恋愛とかいうのをしている感覚はないです。恋愛は、恋愛ですもの。彼を幸せにしたいと言う気持ちだけです^^

| Ros | 2009/06/22 05:34 | URL | ≫ EDIT

昔、国際結婚はどう違う?って聞かれたけど、国際結婚だから違うんじゃなくて、結婚してみて思うのは、結婚の形は日本人だろうが外国人だろうが、それぞれみんな違うってことよね。
私は自分のこの結婚しか知らないから、他の結婚とも比べられない。
rabbiちゃんの共感した記事もわかるけど。
夫がとても怒って帰ってきた日のこと。
電車の中でニュージーランドの男性に話しかけられて、どこに住んでるの?仕事なにしてるの?結婚してる?子供いる?なんで子供作らない??
次第に答えなくなった夫に、その人は気取ってる!と言い放ったそうな。
プライバシーもオープンなお国柄なのかしらね。

クマ夫さんのお仕事、見つかるといいわね。
失業する前に、rabbiちゃんがヴィザとって入国してよかったね!
ラッキーよ!!!

| 愛されている妻 | 2009/06/22 14:26 | URL |

*ボンバさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

おぉ!! ボンバさんも、このサイトを読まれていたのですね。イギリスに移住する前は、『ふ~ん、なるほどね~』くらいに軽く読み流していたのですが、自分が実際に今イギリスで暮らしてみて色々とあたしなりの意見が芽生えましたねぇ。

準備の方はどうですか? しばらくは大変かと思いますが、先のこと(イギリスでの結婚生活)を思って頑張ってくださいね☆

| rabbi⇒うこんボンバーさん | 2009/06/22 18:31 | URL | ≫ EDIT

*Rosさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

そうですよね。あたしも同感です。どの人種だろうが、どの言葉を話そうが、他人を思いやる心がないと結局はどんな関係も築けないと思います。日本語を話せない外国人との結婚の場合、よく言葉の壁を問題にされますが(一般的にみて)、あたしは例え同じ言葉を話そうとも、お互いがお互いの話に耳をかさないのであれば意味がないかと…。

色々と気付かされることがあって、毎日が勉強です。
パートナーさんと、末永くお幸せに…☆

| rabbi⇒Rosさん | 2009/06/22 18:48 | URL | ≫ EDIT

*愛されている妻さん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

その男性、かなり失礼な方ですね。お酒に酔ってらしたのかもしれないですね。まぁ、それはさておき、なに人というのは関係がないということなのでしょうね。
あたしの共感したという記事に関しても、全てが全てではないのです。ただ、ところどころ自分の日本での環境と、ここイギリスでの環境を見てみて、【あたしは】その記事に共感出来たかな…ということです。それに関しても、要は人それぞれだと思います。イギリスでも、よくはわかりませんが、元貴族(?)のご家庭などでは、もしかすると型にはまった生き方を余儀なくされているのかもですし…。その記事の中にもあるように、『ご結婚は?子供は?』と言った個人的な質問が、ごく普通の会話のようにされているのかもしれないですよね。

いつもご心配頂いて、どうもありがとうございます。
無職なふたりですが、相変わらずマイペースで生きてます(笑)

| rabbi⇒愛されている妻さん | 2009/06/22 19:06 | URL | ≫ EDIT

興味深いサイトですね!
まだ2項目しか読んでないのですが
それでもうなずけるとこありました(^v^)
日本とイギリスの専業主婦のイメージの差とか
パーティーでの会話の仕方とか。
後で他の項目もじっくり読んでいきますね。
素敵なサイトを紹介してくれてありがとうございます♪

| サルサ | 2009/06/23 10:54 | URL |

読んで見ます

ちょっとこのサイト読んでみますね。私も基本的には「人間」は同じであって育った環境や国が違うと言うのももちろん原点にあったとしても、二人が出会って結婚することに対して特に「特別」なことだとは思っていませんね。同じ日本人同士だって環境が違えばまったく違う考え方だったりして理解に苦しむことだってある。外国人だからというカテゴリーで違うものとするのはどうかな?と海外生活が長くなってくると余計思いますね。私はイギリスも今年で8年目。長くなってきたなっとは思いますが、いまだ日々発見だったりします。(特に私はイギリス人の旦那じゃないからかも?)

| Fake BJ | 2009/06/24 12:14 | URL |

*サルサさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

そうですよね。確かにサルサさんがご指摘されている項目は、あたしもなるほどなぁ~と思った部分でした。みんながみんなではないのでしょうが、全体的にみてみると納得させられる部分もあったりします。まぁ、あたしの場合ですけれども…ね。

文化の違いなどからくるものって、大変な面もあるけれどおもしろいですよね。でも、あまり無知過ぎると失礼になったりすることもあると思うので、これから学んでいかないとなぁ~と思っています。

| rabbi⇒サルサさん | 2009/06/24 20:02 | URL | ≫ EDIT

*Fake BJさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

そうですよね。あたしたちは、みんな人間ですからね~。結婚や人と付き合うのには、大して人種というものは関係ないとは思いますよね。ただ、文化や言葉の違いからくるズレなどは多少生じたりするのかな…とは思いますけれど。それも、お互いに思い遣りがあれば乗り越えられる問題だとあたしは思っています。

言葉や文化が同じでも、価値観がずれていたり、お互いが自分にしか興味のないような人間でしかないのなら全く一緒にいても意味がないと言うか…。

あっ、そっか…。BJさんの旦那さまはイギリスの方ではなかったですよね。でも、ご興味があれば是非読んでみてください。

| rabbi⇒Fake BJさん | 2009/06/24 20:08 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/06/28 06:51 | |

こんにちは★
先日はコメありがとうございました☆ 面白そうなサイトですね。もちろん人類皆人間ですが、ここまで「水と油」というほど理解に苦しむ人々に(日本で体験したことをはるかに超える程度)遭遇することが最近多々あります。正直ココまで違うのかと・・・。米国・カナダ通算約10年いますけど、仰天することも未だにありますよ。国際色豊かな移民国だからなのか、最近はマイノリティが強くなっているからか、「国際」とい言葉も非常によく耳にもします。
別に悲観的な性格ではないのですけどね(苦笑)。唯一の救いは、夫の価値観と私の価値観が同じだことです。

| りんごスター | 2009/06/29 02:50 | URL | ≫ EDIT

*鍵コメ(モ)さん

コメントどうもありがとうございますっv-254
お返事が遅くなりごめんなさい。

そうですよね。本当に色々とありますよねぇ。
また、後ほど改めてメールのご返信をさせてもらいますね。

| rabbi⇒鍵コメ(モ)さん | 2009/07/01 00:06 | URL | ≫ EDIT

*りんごスターさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

確かに同じ人間でも、やっぱり文化の違いなどから生まれる違いはあったりしますよね。そういう発見も楽しかったりします。(←あたしの場合です)

旦那さまと同じ価値観というのは、本当にとってもいいことですよね。価値観が大幅にずれると夫婦でなくても、一緒に生活を送ることは難しいかなぁ~と、個人的な意見ではありますが、あたしはそう思います。

| rabbi⇒りんごスターさん | 2009/07/01 00:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。