3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふと思うこと…。(自分への問い掛け)

 
最近、ふと考えることがある。


 
それは、大まかに言えば【過去と未来】のこと。
そして、そこから見る自分の姿。


 
何かを思い立つと、割と即行動を起こしたい性格で、
今まで、自分の気の赴くままに色々なことをしてきた。


  
いや、
 
『してきた』
 
と言うと、少し語弊があるように思う。

 
 
なぜならば、
両親や周りのサポートがただならぬ程に厚かったから。

 
今から昔を振り返ると、
ごく一般的な家庭に生まれ育ちながらも
それなりの贅沢をさせてもらってきたように思う。



  
音楽(ピアノ)がやりたいと言い
4歳にしてピアノ教室に通い始めた。

 
その他、幼少期から思春期を迎えるまでは
いくつ程の習い事をさせてもらったことだろうか。

 
その中でも、ピアノはあたしにとって
いつでも最優先していた習い事だったように思う。


 
自分のレベルが上がっていく度に
それはそれは、ピアノのレッスンに行くことが楽しみで
いつしか、自分は音楽の方へ進もうと決めていたくらい。

 
だけど、小学校の高学年に差し掛かった頃、
ピアノと同じくらい興味のあることが出来た。
 
そして、これこそが今の人生へと直結している。

  
そう、英語だ。
 


 
 
まだ、インターネットという言葉すら知らなかった頃、
当時、海外にペンパルを持っていた姉の影響で、
英語を習ったこともなかったあたしだったけれど、
例文を参考にして見よう見まねで手紙を書き、
アメリカ人の女の子にダメ元で送ってみたことがあった。

 
残念ながら、その女の子からの返事はなかったけれど、
代わりにその女の子のお友達が返事をくれた。

 
そこから、あたしとアメリカ人の女の子(サラ)との
海を越えての文通が始まった。

 
彼女とは、今でこそ音信が不通になってしまったけれど、
かれこれ8年間くらい文通をしていた。


 
その出来事は、あたしの中ではとても大きく
あたしの目が海外に向き始めた
【初めの第一歩】だと言っても過言ではない。



 
高校へ進学する頃、
あたしは、音楽と英語のどちらを選択するかで迷っていた。

 
音楽は、今でも好きだ。
だけど、ピアノで生計を立てる程の腕ではなかったし、
これから、一層のこと努力をして腕を磨こうとも思えなかった。

 
そして、あたしは英語の道を選択した。



 
高校は、国際科のある私学へと進学。
それも、両親があたしの意思を尊重してくれてのことだった。

 
高校を卒業してからのアメリカへの留学。
これも、初めは母には反対をされたが
これからの時代を見越した上で、父は賛成をしてくれた。


 
でも、アメリカに留学をした途端に
本当に、英語が一番やりたいことなのかが
分からなくなってしまった。

 
今から思えば、
それも単なるあたしの我儘だったように思う。



  
だけど、ひとつ確かに言えることは、
自分の道を今よりも必死に探し回っていた頃だと言うこと。

 
これでもない、あれでもないと言いながら、
何か自分の打ち込めるようなものを見つけたくて
誰に何を言われようが、どんなに冷たい視線を向けられようが
自分を一心に信じて、未来を夢見て頑張っていたと言うこと。
 


 
ふと思う。


 
あの頃の夢や未来に対しての情熱は
一体どこへ行ってしまったのだろうかと。

 
自分は、今、100%満足が出来る程に
人生を精一杯生きて楽しんでいるのだろうかと。

  
結婚をして、愛する夫と毎日を共にすることは
もちろん、この上なく幸せなことではあるけれど、
それだけで満足をしていてはいけないのではないのだろうかと。



 
もしも、夫を取り除いた人生だとすると
あたしには、一体何が残るのだろうか。

 
いや、きっと夫(家族)が全てでもいいのだろう。
夫(家族)に対して、全身全霊を捧げることで
自分自身が納得をし100%満足が出来るのならば
そういう人生だって十分に輝かしいと言えると思う。
 
 
それが、さも間違いかのように言うことなんて
誰にも出来ないし、そんな権限は誰にもないはずだ。



 
こんなことを言うと
ただの欲張りに聞こえるかもしれないけれど、
 
あたしは、ただ昔の自分のように常に向上心を持って、
自分のこの一度しかない人生に挑んでいたい。

 
 
たとえ夢に敗れても構わないじゃないか。
もちろん、夢が叶うことは本望だけれど、
 
昔よりも幾分歳を重ねたせいか、
実は、それが一番大切なことではないということがわかった。

 
結果は、必ずしも全てではない。

 
そこに至るまでには、少なからずとも過程がある。
その過程こそが大切なのだと、あたしは思う。



 
新たな人生を手にした今、
そろそろ次のステージへと進む頃なのかもしれない。

 
何もかも、納得のいくまでやり遂げることなく
中途半端にやり過ごしてきてしまった。


 
そんな中、英語だけは諦めきれず今に至る。
 
自分で追い続けた夢の続きを
これからも、じっくりと時間を掛けて見ていこうと思う。


 
そして、
 
自分が情熱を注ぐことが出来るような夢が
また見つかればいいと、今はそう願う毎日だ。



 
みなさんは、
 
情熱を注ぐことが出来るような夢がありますか?
 
100%満足が出来る程に、
人生を精一杯生きて楽しんでいますか?




   
長文にも関わらず、最後まで読んで頂き有難うございます。
少し時間があるので、コメント欄開けてみます(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| 気持ち | 23:09 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

rabbiちゃん、頑張ってるみたいね!
私はピアノ、大学進学時に悩んだわ。
その後、結婚してから再開し、頑張っていたらコンクールに出る話が出てきちゃって。
楽しみで弾いていたはずが、楽しくなくなっちゃったの。
100%満足なんて、私はそんなにいらない。
叶えたくても叶わなかったことも多いし。
ただ、夫と暮らすこの毎日が確かな人生の意味。
迷ってないの。

| 愛されている妻 | 2009/06/16 12:58 | URL |

*愛されている妻さん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

妻さんも、長い間ピアノを習ってらっしゃったのですね。
と言うか、ご結婚されてから再開されてコンクールの話が出ただなんてすごいじゃないですかぁ~!!!
でも、楽しんでやっていたはずのことが、突然楽しくなくなるって言うのは確かにありますよね。

あたしも、叶えたくて頑張っていたけれど叶えられなかったことは沢山ありますね。人それぞれ価値観が違うので、その人の人生にとって何が大切かということはやっぱりそれぞれに違いますよね。妻さんは、旦那さまと過ごす毎日の中で自分の大切なものが全てあるという感じですかね?
あたしは、夫との生活には満足しているのですが、自分をひとりの人間として見たときに、どうしても満足がいかないのが現状です。

それなら、もっと努力しないと…なのでしょうね、きっと。

| rabbi⇒愛されている妻さん | 2009/06/16 22:41 | URL | ≫ EDIT

久しぶりに(^^)

あ、ちょっとご無沙汰していたら、コメント欄が開いてる!(^^)
丁度私も同じようなことを考えていたので出てきちゃいました。

私も夫に出会うまでは自分のしたい道を邁進していたので、お気持ち少しわかります。
周りからはもったいない!と言われることが今も多くて・・・
夫のことばかりじゃなくて、私には私の人生があるんだから、と言われるんですよね。(^^;
もったいないのかな?
夫と私とは切り離すべきなのかな?
うーんどうなんだろう、よく分からないですねぇ…

私も実は妻さんの様に、夫との毎日が自分にとっての人生の意味、生きる意味だと思うので、全然ためらいがないです。
愛する人と一緒に過ごす時間よりも意味のあるものって、他に思いつかないんですよね。
だって、お互いいつか死ぬんですから…
新婚だからかな?と思ったりもしたのですが、妻さんもそうおっしゃるので多分そう思う人はずっとそうなんでしょうね。(私も含めて^^)

でも、そうでない価値観があって当然ですし、何かを始めたいと思う心のままに生きるのも素敵ですよね。
正解なんてないし、気持ちも変わりますもんね。
rabbiさんが本当にお幸せになれる道が見つかりますように!(^^)

| petite nina | 2009/06/20 01:53 | URL | ≫ EDIT

*petite ninaさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

旦那さまと充実した毎日を歩んでおられるのが文面から伝わってきて、何とも微笑ましい限りです。
あたしの場合は、夫への気持ちは昔となんら変わりませんが(むしろ気持ちは昔より上昇中かも!?)、自分が自分自身に満足がいっていないのですよね。 ただ、あたしがもっと自分自身に納得のいく人生を歩めれば(夫と歩む人生は幸せですよ~!)、夫もあたしも今のこの人生よりも更に幸せになれることは間違いないかなと思ったりしています。

って、ただの欲張りですかね…(汗)

色々とありがとうございます!!

| rabbi⇒petite ninaさん | 2009/06/20 18:58 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。以前問合せの方にメールしたと思います。

rabbiさんのお気持ち凄く分かります! 当方も国際結婚です。知り合って10年目、結婚して4年目で、今でも喧嘩しないほど価値観は同じで120%幸せです。あくまでうちの場合は、夫でも妻でも一人の個人という考えが強い部分もあります。お互いが違うことをしても尊重するような。夫には世界一精通している部分があるからこそ、私もそれに憧れ、夢や自分が出来ることも持ち、それも生きがいにしたいと思っています。一人になっても生きていけるように。欲張りですね(笑)。

お互いにがんばりましょ♪

| りんごスター | 2009/06/21 07:19 | URL | ≫ EDIT

*りんごスターさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

覚えておりますよ!! その節は、どうもありがとうございました。(今回も、素敵なコメントをありがとうございます!!)

全くをもって同感です。やっぱり、人間ひとりひとりがお互いを尊重し合うべきだと、最近つくづく思うのです。生き方は、ひとそれぞれのスタイルがあると思いますが、あたしもりんごスターさんと同じでひとりでも生きていけるように人間として自立出来たらと考えています。夫婦での時間は、それはそれでもちろん大切にして(自分の時間よりももちろん優先順位は上です)、自分の時間もまた大切にしたいと考えています。

欲張りでもなんでも、自分の人生だから思ったように精一杯に生きたい… そして、そんな欲張りな思いも夫とならアリ(許される)なのかな…?なんて思ってます(笑)

お互いに頑張りましょう☆

| rabbi⇒りんごスターさん | 2009/06/22 18:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。