3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

すべて、今に繋がっている

  
今日で、ここイギリス北部
こうしてクマ夫と暮らすようになってから
早いものでちょうど2ケ月が経過しました

 
この2ヶ月は、本当にあっという間でした。
ときの経過が、1週間単位というよりも
イベント毎に過ぎてゆく。。。
と言った感じでした。
 
(※例: 節分の日、バレンタインデー、ひな祭り)



 
あたしたちは、実際に出会って交際が始まってから、
2ヶ月前の今日までの2年5ヶ月の間は
ずっと日本⇔イギリス間での遠距離を続けていたわけですが、
当時は、本当に早く一緒に暮らしたくてたまらなかった。

 
結婚がどうとかと言うよりも、
早く時差もなくて、いつでも会えるような距離の中で
毎日を過ごしたくて仕方なかったんです。


 
でも、あたしと彼は国籍が違う。

  
一緒に生活を送るためには、
まずはお互いが同じ国に住む必要がある。
それには、彼が日本に来るか、
あたしがイギリスに行くかという決断をしなければならなくて、
彼が日本で生活をする気がないことを知っていたあたしは、
彼と交際が始まったあの日から、
いつかはイギリスで生活することになることを覚悟していました。


 
結婚の話が出る前(交際開始から約1年後)は、
本当は、イギリスで6ヶ月間という期間限定で
同棲をしようということになっていたのです。

 
だけど、昔から両親に【同棲は絶対に許さない
強く言われ続けていたことや、
当時、実はまだ両親には彼と交際していることすら
話していなかったこともあって。。。

 
自分の娘が外国人との交際や結婚をすることに対して
ただでさえ猛反対をするであろう両親に対して、
あたしは、どうしても【同棲】にメリットを感じられなかった。
それに、同棲したら嫌になるどころか
ますます彼の傍に居たくなるだろうことくらい
馬鹿なあたしでもわかっていたのです。
 


 
彼と何度もそのことを話し合って、彼は、

 
『出来れば、
半年間同棲することが、本当は一番望ましい』


 
とそう言っていたけれど、
考えても考えても辿り着く答えは毎回同じで、
同棲をするメリットとデメリット(あたしたちの場合)を
比較してみたとき、どうしてもデメリットの方が大きくて
本当に頭を抱えて毎日悩み続けたものです。


 
でも、彼とあたしの中で一致していたことがあったのです。
それは、どうしても一緒になりたいということ。

 
その気持ちがお互いに強かったから、
そこから【結婚】の二文字に辿り着くまでは、
そう長くはなかったです。


 
でも、
【結婚】の二文字がふたりの頭をよぎってから。。。

 
実は、そこからの方がずっと大変だったりしました。
本当なら、一番浮かれ調子で楽しいはずの時間。
それが、あたしたちにとっては一番苦しい時間でした。
あたしとクマ夫だけではなく、両親にとっても
それは、長く苦しい道のりであったと思います。

 
本当に、今に至るまで
沢山心配と迷惑を掛けてしまったから。。。


  
お互い、
沢山傷付け合うような言葉も口にしました。

  
猛反対されることは、初めからわかっていたのに
それでも自分の欲を抑えきれずにいたあたし。

 
どうしても、両親からの祝福が欲しくて
自分の想いと、両親の想いとの狭間で葛藤を続けながら
毎晩、ひとりベッドの中、
枕に顔を埋めて泣いていたことを記憶しています。



 
クマ夫は、知り合った頃から
こんなあたしのことをずっと陰で支え続けてくれていました。
あたしが、精神的に本当に参ってしまっていた頃も
彼が誰よりも親身になって、率先して話を聞いてくれていました。
両親に言えないことだって、彼には何でも話してきたくらい。

 
実際に会ったとき、直感的に感じるものがあった。

 
元カレは、目に見えないもの(心)よりも
目に見えるもの(お金や物)をこよなく信じ愛するような人で、
それゆえに、あたしは何度も心に深い傷を負ってきたけれど、
クマ夫は、元カレとは全く正反対のタイプで
お金や物なんかよりも、心を大切にする人だって思った。

 
実際、交際を重ねていく上で
あたしは、そのことを確信するようになったわけです。


 
そういう心の澄んだ人のことを、
単に【外国人】だという理由で頭から否定されることが
本当に、ただ悔しくて情けない気持ちでいっぱいでした。
 
しかも、自分をこの世に生み出してくれた
大切な両親によってだなんて。。。
 
本当に辛かった。



 
でも、
今だからわかることが沢山あったりするのです。


  
あたしが、酷く悩んで苦しみに耐えていたとき、
きっと両親も同じように苦しかったのだと、

 
あたしが、両親を理解しようと頑張っていたとき、
きっと両親も同じようにあたしを理解しようと必死だったのだと、

 
日本を発つときの
あのどこか心にぽっかり穴が開いた感覚。。。

 
あれは、あたしと両親の
心の振動から生まれたものだったのだと。




 
いい人も、そうでない人も
いいことも、そうでないことも
 
沢山存在するこの世界だけど、
あたしは、ひとつひとつの出会い
そして、ひとつひとつの出来事を大切に
 
今日も、明日も、明後日も。。。
これからも、ずっと前向きに生きていきたいなclover



 
最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございます。
 
これは、単なるあたしの人生に起こった
出来事の一部にしか過ぎないけれど、
今、ここに記録しておきたくて書いてみました。




 
遠距離時代(独身時代)に経験した日々の感情などは、
旧ブログ(パス制)に綴っています。
基本的に、友人やブログを通じて交流がある人にのみ
パスをお知らせさせてもらっています。
上記に該当する方で興味のある方は、
メールにてご連絡くださいませ。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| 過去のこと | 00:00 | comments:16 | TOP↑

COMMENT

いろんな出会いや

がんばった思い出は、すべて今と未来につながる大切な思い出ですね・・・いまrabbiさんが幸せだと思えて本当によかった。
辛い時期を二人で乗り越えて来たお二人、これからもより強い絆を紡いでいってくださいね。

| Ros | 2009/03/11 06:23 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/03/11 10:14 | |

わかりますね

私は、最初に同棲した口ですが、いっていることは十分理解できます。
娘が海外で、「結婚」するのかどうかもわからない男性と暮らしている・・・。
それだけで、両親は文句が言いたかったのかもしれないですが、私の心情として「向こうで暮らせる自身」ができるまでは結婚できないという私の気持ちも理解していたようです。
そして、一度目の彼は「ここで暮らせるかも」と思ったとたん、彼の気持ちと私の気持ちの微妙なずれができました。

私のだんなさんとも、一年の同棲期間を用意しました。
彼の場合は、前の結婚のときにできた子供もいて、定期的にあっているので、「彼と子供達とうまくできるかな?」という試験期間でもありました。
その同棲期間があって、今につながっているのです

Stepの問題は微妙ですがね

| ゆりだん | 2009/03/11 10:46 | URL |

家族って…悩みますよね

ご結婚までの道のり、とてもご苦労なさったのですね。
私の両親は、交際を始めてからずっと好意的に見守っていてくれたのでとても感謝しているのですが、結婚する最後の段階に来てから、いきなり態度が急変しまして、私も混乱で体調が一気に崩れたことがありました。
親には親なりの理由があったのでしょうが、辛いですよね。
rabbiさんと旦那様は、その辛い時期がずっと長かったのですから、本当によく耐えられたと思います。
最後にご両親と分かり合えたこと、本当に良かったですね(^^)
(過去の記事も拝見して、うるうるしてしまいました)

私と夫は当初から同棲は考えていませんでしたが、やはりいきなり結婚して大丈夫かしら?という思いが頭をよぎったことはあります(笑)
でも、お互いのんびりした性格のお陰か、(はたまた夫が辛抱強いのか 笑)リズムの合った生活を送れています。
外国にお嫁に行くんだから大変!とはいいつつも、受け止める夫の方が、実は責任もプレッシャーも多いのだろうなと思います。
旦那様も、とても懐の大きな方なのでしょうね。
rabbiさんも、旦那様も、お互いとっても慈しみあっていらっしゃる様子が伝わって来て、ほんわか優しい気持ちになりました☆

| petite nina | 2009/03/11 12:08 | URL | ≫ EDIT

NO TITLE

クマ夫さん、最初は半年の同棲案を提示してたのね。
心の準備ができてなかったのかしら?
半年、暮らしたあとはどうなるの?って。
返品可能なお試し期間?!
…言われたくなかったね。考えたくもなかったね。

今は生涯を共にする決意をして、支え合ってる。
古いかもしれないけど、結婚と言う形はやっぱりとるべきだと思うし。
クマ夫さんと一緒になれて、ホントによかったね。
前の男。あれは読んだけどサイテーよ。

あまり調子良くなさそうだけど、無理せずゆっくり休んでね。

| 愛されている妻 | 2009/03/11 14:31 | URL |

一緒にいられることの幸せ

ぜんぜん私のほうが遠距離恋愛の期間が短いですが、やっぱり一緒にいられない、会いたいときに会えないという環境で関係を続けているとどうしても一緒にいることへの大切さは身にしみますね。私は幸い夏1時間、冬2時間という時差だったので比較的連絡は取りやすかったです。そして、遠距離をしていたときのほうが毎日電話し沢山話をしてお互いの気持ちが通じていたように思います。結婚の理由も私の時にちょっと似ています。遠距離に意味を見出さなかった私たちは(年もあって)どちらかが移動することしかありませんでした。どう考えても仕事もあって落ちついた生活ベースのある私のところへ来るのが当然の結果だったんですね。実際Visaを取得するのも一苦労でしたがそれがゆえにHoneyが渡英してきたときは本当に感動でした!今では遠距離していたのも忘れるくらいですが、やっぱり時々思い出して”一緒にいることの幸せ”をかみ締めています。本当に結婚してからのほうが大変だなって思う反面、夫婦らしく絆が深くなるのもうれしいものです。長くなりました。いろいろあって今がある。これからも大切にしたいですね・・・。

| Fake BJ | 2009/03/11 14:49 | URL |

あたしも同じこといわれたよ~

日本で2年半も半同棲してたけど、それでも、イギリスでのちゃんとした半年、せめて3ヶ月の同棲をしたほうがいいって、主人から言われたことあったな~、24時間一緒に住んでみて、価値観がどうのこうの・・・というより、「イギリスでの生活になじめるか」っていうところをちゃんと確認したかったみたい。だって、旅行の2週間そこそこと【移住】は完全にちがうからね!
くま夫さんもそこを気にしてたりしたんじゃないかなぁ・・・。でもくま夫さんが日本に来日してたとき、ウィークリーマンションで一緒に生活してたんだよね??? そのエピソード聞いて、あたしは二人は大丈夫だろうなって、勝手に思ったりもしたけど!エヘ。
あたしも今でも色々とまどうけど、家にいるとイギリスにいることわすれちゃう(笑)TVつけてBBCみて、あ!そうだった!って思うくらい(笑)
結婚前に同棲できればいいだろうけど、必ずしも全員にあてはまるわけではないよね。そのときの状況次第だし、rabbiちゃんたちはベストな方法を選んだんだとあたしはそう思うよ!それで、今のラブラブな二人があって、これからにつながっていくんだからね!

| rylynn | 2009/03/11 23:13 | URL |

NO TITLE

うちも同じことを通り抜けました。というか、うちは、彼が一度結婚していて、子供が二人いて。付き合いだしてから、2年して、彼が”一緒に暮らしたい”って言い出した。家を一緒に買おうって。で、うちの親は、猛反対。なぜ、そんな”あてのないことをいうんだっ”って。

でも、文化の違いでしょうかね。うちのは、2年は一緒に暮らさないと、急いで結婚しても、ストレスが高くてうまく行かないって、言い張ってました。今は、暮らしだして、1年5ヶ月。そろそろ、婚約すると思うんだけど。

たぶん、文化の違いでしょうかね? うちの親は、悲しんでいたけど、ケンはいい加減に’2年、お試しで”といったのでないのは、わかっていたので、わたしも踏み切れたんだと思います。

Rabbiちゃんのご両親も、今は、娘さんの幸せな姿をみて、心から喜んでいらっしゃるはずよ~。

| モナちゃん | 2009/03/13 05:57 | URL |

*Rosさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254
お返事が遅くなりごめんなさい。

あの頃は、本当に今のような状況を想定出来ずにいましたが、あの頃があったから今があるのだと思って、今の気持ちをこれからにつなげていこうと思います。
温かいお言葉どうもありがとうです。

| rabbi⇒Rosさん | 2009/03/17 00:24 | URL | ≫ EDIT

*鍵コメ(k)さん*

コメントどうもありがとうございますっv-254
お返事が遅くなりごめんなさい。

そうですよね。あたしも、独身の頃はよくそんな風に思ってきた記憶があります。今は、気持ちに波があったりして大変なことも多いかと思いますが、そんな風に自分たちの想いを信じ合って前に少しずつ進んでいってくださいね。応援しています☆
温かいお言葉どうもありがとうです。

| rabbi⇒鍵コメ(k)さん | 2009/03/17 00:29 | URL | ≫ EDIT

*ゆりだんさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254
お返事が遅くなりごめんなさい。

そうですよね。うちの両親は古い考え方を持った人で、特に父はいとこが同棲を始めただけでもすごく動揺して怒りをあらわにしていたほどなんです。なので、結婚を前提にした同棲にメリットを感じなくなってしまったのですよね。そこまでしてする必要があるとも思えなくって…。
あたし自身は、夫と同じくイギリスできちんと生活していけるかと、ふたりの生活の様子を知るためにも両親さえ賛成してくれるのなら、全然してみてもいいかなとは思っていたりしたのですが。
でも、何はともあれ今こうして夫婦として一緒に居られることは本当によかったと思っています。
やっぱり、タイミングって大切ですよね。ゆりだんさんも、幸せに暮らされている様子が伝わってきましたよ~。本当によかったですね☆

| rabbi⇒ゆりだんさん | 2009/03/17 00:41 | URL | ≫ EDIT

*petite ninaさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254
お返事が遅くなりごめんなさい。

そうですよね。あたしも、よく思います。
こうして外国で暮らす側も確かに大変なことはあるけれど、でも、受け止める側の方がプレッシャーや責任がすごく大きくて大変なんだろうなぁ~って。お互いに支え合って本当に今の生活があるんですよね。
ninaさんも、とても幸せに暮らされているのがBlogから伝わってきます。お互い、ここに辿り着くまでの道のりは色々とあったと思いますが、これからも更なる幸せを求めて日々頑張っていきましょう☆

| rabbi⇒petite ninaさん | 2009/03/17 00:45 | URL | ≫ EDIT

*愛されている妻さん*

コメントどうもありがとうございますっv-254
お返事が遅くなりごめんなさい。

そうなんです。両親に話す前は、本当は半年間イギリスで同棲生活をする予定だったんです。半年というのは、VISAなしで滞在できる期間なんですが、別に3ヶ月でもよかったんです。とにかく、あたしがここ(イギリス)できちんと生活していけるかと、あたしたちの生活の様子を知るためにもそういう期間を結婚する前に設けられたらいいなって話していたのですが… 結局、あたしの両親の同棲に対する考え方で却下となり今に至るわけなんです。
でも、あたしもクマ夫も将来は一緒になるつもりでいたので、ただ期間が早まっただけで今はふたりともこの形をとったことに満足しています。結婚という形は確かにとるべきだったと、今はそう思います。

| rabbi⇒愛されている妻さん | 2009/03/17 00:51 | URL | ≫ EDIT

*Fake BJさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254
お返事が遅くなりごめんなさい。

そうですよね。やっぱり時々遠距離のあの切ない気持ちでいたときのことを思い出すのもいいなぁ~と、あたしも思ったりします。やっぱり、慣れると人間って欲を出してしまうものだと思うので・・・。 一緒に居られることに常に感謝していたいなって思います。
BJさんもご結婚されるまでに色々なことがあったようですが、今とっても幸せに暮らされていて本当によかったです。これからも、お互い結婚生活を楽しんでいきましょう♪

| rabbi⇒Fake BJさん | 2009/03/17 00:55 | URL | ≫ EDIT

*ライちゃん*

コメントどうもありがとうっv-254
お返事が遅くなりごめんね~。

そうだよねぇ~。確かに滞在と住むのは違うもんね~。うちの夫も同じく、あたしがここイギリスでの生活になじめるかと、あとは初めから遠距離で始まった関係だからふたりの生活模様を知りたいってのもあったみたい。でも、同棲したってよっぽどなこと(家庭内暴力やギャンブルなど)がない限りはどうせ最終的には結婚するんだよね。そう考えると、両親揃って同棲することを反対しているのに、それを押し切ってまですることにメリットを感じられなかったんだよね。それで断念して今に至るよ。
でも、こうして本当によかったって思う。両親にも感謝だよ、本当。

ところで、ライちゃん、あともう少しだね。
またまたそちらにお邪魔出来ていないのだけど、また近いうちにお邪魔するね~☆

| rabbi⇒rylynnちゃん | 2009/03/17 01:00 | URL | ≫ EDIT

*モナちゃんさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254
お返事が遅くなりごめんなさい。

そうなんですね~。同棲するかしないかというのは、やっぱりそのカップルの考え方や事情によって違いますよね。だから、どうすることが正しいとかというのはないと思ったりしています。確かに焦って結婚をしても、その結果別れがすぐにやってきたら悲しいですものね。結婚は、お互いのタイミングでするべきだって、あたしはそう思います。
もうすぐご婚約されるのですね。これからが楽しみですね☆

| rabbi⇒モナちゃんさん | 2009/03/17 01:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。