3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

早く夫のもとに行きたい!!

今日は、出社最後の日。


なのに、ママりんと朝から些細なことでケンカ。
あたしにとっては、心にグサっときたわぁ~涙



会社には、1時間遅れてしまったけれど、
無事に上司やお世話になった仲間に挨拶をして
残りの私物をまとめて3年間勤めた会社を後にしました。


お昼は、関東在住の親友のKamちゃんがちょうど出張で
大阪に出てきていたので、Kamちゃんと
そして、同じ会社でずっと仲良く可愛がってもらっていた
Mayuちゃんとあたしの3人で一緒にランチ



その最中にどうやら携帯が鳴っていたようなのだけど、
あたしったら、全然気付かずで。。。
それで、Kamちゃんの方の携帯が鳴って、そのあと。。。


なんと、同じチームで働いていたUsaちゃんとスッチーが
みんながあたしのために書いてくれた寄せ書きを
持ってとんできてくれたのでしたっBOON01


中を見てみると、もうみんなの温かい心がじわりと
にじみ出ていて、本当に本当に嬉しかったです
うるうる


本当に、みんなどうもありがとうっ





気分をよくして帰ってくると、ママりんはまだ怒りの中に汗


何だかよくわからないけれど。。。

本当に、朝から酷いことを言われて
夕飯のときも、話したくないとか言われて


あたし、もう我慢出来ず自分の想いをぶつけたら、
 



 
『そんなに元気なのだから、
精神心的に病むなんてあり得ない』



と、これまたキツイことを言われ。。。


本当に、日本でのあたしの居場所は
もうどこにもなくなってしまったような気分jumee☆Feel Depressed4



そこから、誰に何をどう話していいかも分からず、
やっぱり電話をした先はイギリスのクマ夫のところ



途中、涙が込み上げてきて、
自分の言ってることもワケがわからなくなり、
でも、こう言ったのだけは覚えている。


『もう、早くイギリスに行きたい。。。よ』


。。。と。





それから、眠りに就いてしまって電話を切ってから
5時間くらい経っていた。



クマ夫は、とっても心配になったようで、
パスポートのコピー(Certified Copy)も取ってきてくれて
他の書類も色々と探したりしてくれている。

早ければ、来週の金曜にはあたし宛てに
書類を送れるとのこと。。。うるうる



両親ももちろん大切だけど、
でも、夫って本当に特別な存在だなって思いました。



1日も早く、どんなあたしのことも受け止めてくれる
クマ夫のところに行きたい。。。








こんなわけで、色々とあってブログを書くのが
今は精一杯の状態です。
コメントを読むのもお返事するのも楽しみなのですが、
もうしばらくお待ちくださいネ。。。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| 日常のこと | 23:59 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

無事に最後の出社!

最後の出社、できてよかったね。
本当によかった。
木曜の夜の状態がかなり悪そうだったから…
寄せ書き、嬉しいね。
いい会社だったね。
rabbiちゃん、愛されてたのね。

お母様と衝突は辛いけど、親子は一晩寝れば、忘れたりできる。
家に居場所がなくなった気がしても、rabbiちゃんにはクマ夫さんの待つ家があるv-258
早くビザ取得できて、イギリスに行かれるといいね。

| 愛されている妻 | 2008/10/18 12:09 | URL |

がんばって!

今日のブログはmekes me cryでした。。。一番つらい時に一番大切な人が近くにいないのはほんとに苦しいですね。すごくわかります・・・でももう後少しですよ!私も親には思うことがたくさんあります。でもそれも愛ゆえのことなんでしょうが。。

| kikizita | 2008/10/18 15:56 | URL | ≫ EDIT

*愛されている妻さん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

そうなんです。金曜は仕事は何もしてませんが、最後のけじめとしてご挨拶だけしにいってきました。寄せ書き、本当に嬉しかったです。ベッドサイドに飾っているのですが、本当に手作りのものって温かみがあって大好きです。心を癒してくれます。
いい会社で、いい仲間に囲まれて仕事が出来た3年間の思い出がそこに凝縮されていて… イギリスで暮らすようになってもその想いは忘れないだろうと思います。

ママりんとの関係は、まぁ何とかそれなりに修復できつつあります。歪みあっていたって仕方ないですしね。歩み寄ることを止めてしまったら、そこまでだし・・・。きっと、今のあたしの状態がこんなだから心配でならないのだと思います。これも愛あるがゆえですよね、きっと。

| rabbi⇒愛されている妻さん | 2008/10/19 02:05 | URL | ≫ EDIT

*kikizitaさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

そうですよねぇ。今までは、両親や自分が生まれ育った家族が何よりも信頼出来ていちばんに大切だったのに… 今でももちろん大切だけど、でも今の家族(クマ夫とあたし)は何よりも本当に大切です。そして、何より、「自分」でいられるから本当に幸せなんですよね。無理をしなくてもいいから…。血もつながっていないのに、なんだか変ですけれど。でも、逆に血が繋がっていないからこそ、お互いに気遣い、敬い、理解し合おうと出来るのかもしれないなと最近思ったりします。
kikizitaさんも、今は辛い時期だと思いますが共に励まし合って辛い時期を乗り切りましょうね☆

| rabbi⇒kikizitaさん | 2008/10/19 02:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。