3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ココロの傷

今日は、昨日よりも状態は酷い。



久々に、朝からあの何とも言えない虚無感と
どうしようもないくらいの眩暈に襲われた。



もちろん、仕事に行けるわけなどない。。。



ママりんは、ずっとあたしは頭痛で休んでいると
勝手に思い込んでいて、検査に行けと喧しく言う。



正直、検査に行って何か異常が見つかって
両親にも周りにも最もらしく理解して貰えたら
どんなに楽か。。。


レントゲンやCTなんかで写るものなら
どんなによかったか。。。


もしも、そうならもうとっくにしている。






ここには、あまりにあたしの安らげる場所がなくて
もう、結婚式を日本ですることも諦めて
とにかく、クマ夫のいる安心の出来る場所に
1秒でも早く行きたいとすら思えてくる。




逃げるかのような去り方は、絶対にしたくないし
絶対に後々後悔することになりそうだからしないでいよう。。。
そう思って今まで自分の出来る限りのことを
自分なりに考えて精一杯やってきたけれど。。。



一向に病気は治らず、
自分でももうどうしたらいいのかわからない。






『お前は、この世に生まれてきてはいけない存在』



実の父親にそう言われたときほど
情けなくって悲しかったことはない。



今でも、涙が止まらない。。。
 


 
一体、あたしは何のために生まれてきたのだろう。
一体、あたしが何をしたというのだろう。





そんな一言が、小さなガラスの破片となって
あたしの心に蓄積されていく。




もっと、美しい世界であたしは生きたい。
こんな汚れきった世界は、もううんざり。




そろそろ、心のお洗濯が必要なのかもしれない。









今日も病院にも行けずお薬がない状態。
明日こそは、頑張って病院に行ってこないと。。。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| 病のこと | 22:29 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

そんな言葉…

お父様に言われた時、rabbiちゃんはどうしたの?
私も父に愛情のない言葉を言われたことがあって、実は父に対して愛情を持てないの。
でも、存在を否定されるなんて…
それは実の親でも誰でも、許されざることだと思う。
絶対に言ってはいけない言葉。
そして誰にも言う権利のない言葉。
私は父を心の中で拒否してるけど、rabbiちゃんはそれで今も傷ついてるの?
もうこれは忘れるしかないと思うの。
私はイヤなことがあると、“こんなことでクヨクヨ考えてると、そのストレスで癌になっちゃう。それで死んだらバカみたいだから、考えるの早めよう!”って考えるの。
私の家系は真面目に考え過ぎて、若くして癌で死んだ人が多いから。母も含めて。
予定を変更して、早めに渡英すること、考えてもいいんじゃない?
それは逃げることじゃない。
悪循環を断ち切って、rabbiちゃんの病気にはいい事なんじゃない?!
そして落ち着いてきた頃、結婚式をしてもいいんじゃない?
日本でも、イギリスでも。
イギリスでするのも、めったにできない経験だから、みんな喜んでくれると思うし。
特に向こうの教会でのお式は、どんなに願ってもできるものじゃないから。

とりあえず、お薬がないのが目下1番心配。
明日お天気もよくなって、病院に行かれますように。

| 愛されている妻 | 2008/09/19 15:13 | URL |

NoTitle

病気の方はどう?
明日は病院に行けますように・・・。

rabbiさんの辛さ、私もよく分かるな。
心の問題だからどこにも病気だって証明出来るものがなくて辛い!
うちの親も相変わらず理解してくれないし。

私もここに来ている間、何日間か症状が出てね。
辛かった~(苦笑)
いつになったら治るんだろう?
もしかしたら一生このまま?
昔の健康な私に戻りたい!!
そう思ったら涙が止まらなくて。

お父さんの言葉はrabbiさんの心の傷になっているんだね。
言葉によって傷つけられるとなかなか回復しないものだよね。
この先もしかしたらずっと忘れられないかもしれないけど、
でもこれからクマ夫さんと幸せな家庭を築いていけば、
心の傷はもっと小さくなるかもしれないよ。

とにかく今はrabbiさんの体調が心配だな。

| めぐみ | 2008/09/19 17:37 | URL | ≫ EDIT

*愛されている妻さん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

お聞き苦しいお話ばかりですみません。
そうなんですね…。愛されている妻さんのお父様も愛情のない言葉を発せられたりするのですね。悲しいですよね。
例えその時の思いつきで発した言葉でも、発せられた側にとってみれば一生忘れることが出来ないほどの言葉だってありますよね!?
言葉って人を幸せに笑顔にすることも出来れば、また人を絶望させたり悲しみの涙を流させることだって出来てしまう。
とっても大切なものですよね。だからこそ、気をつけなければいけないのに…。
でも、もういいのです。あの言葉は一生忘れないけれど、その傷を背負って生きていけば自分の大切な人に向かって決して同じような言葉を発して人を傷つけることはないから…。

結婚式も諦めて移住を早めることを何度も考えてきましたが、やっぱりあたしは自分で決めたことは最後まで遣り通したいっていうタイプなので、最後までしっかりやり遂げてから日本を発ちます。

いつも、本当に親身になってくださって感謝しています。
また、明日にでもそちらにもお邪魔しますね。

| rabbi⇒愛されている妻さん | 2008/09/20 16:50 | URL | ≫ EDIT

*めぐみさん*

コメントどうもありがとうございますっv-254

今日は、とりあえず病院に行ってお薬をたっぷりもらってきました。
少しですが、マシになったと感じられます。
本当、心もX線に写ればいいのにっ!!! そしたら、こんなに惨めな思いをすることもなく、堂々とここが悪いから薬飲んで治療中ですっ!!!って言って周りにも分かってもらえるのに…。
別に、周りの理解を得たいってわけでもないけれど、でも攻撃されるのは辛いですよね。例えば、本当に仕事したいけどどうしようもなく仕事にも行けないのに、ただの仮病呼ばわりされたり…。
ダメ社会人のレッテル貼られたり…。 理解出来ないなら、本当せめてそっとしておいて欲しいなって思ってしまいます。

めぐみさんは、どうですか~?
そちらでも何度か症状が出たって仰っていたので心配です。
でも、日本にいるときよりかはマシなのかな???
やっぱり主治医も仰ってましたが、イチに『環境』が大切らしいです。治療する環境が整ってないと、それだけ治りも悪いって仰ってました。あたしは、イギリスに言ったら完治はしないにせよ、絶対に今よりかはマシになるって信じてます。

めぐみさんも、どうぞご自愛くださいね。
そして、残りのイタリアでの時間を満喫してくださいね~。
また、ちょくちょくそちらにもお邪魔しますね。

| rabbi⇒めぐみさん | 2008/09/20 16:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。