3.・.2.・1. rabbi GO !!

英国・ヨークシャーで新婚生活満喫中の、あたしの幸せ探求Diary。。。

| PAGE-SELECT |



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

8・14

 
ちょうど、一年前のこの日、
最愛の人の妻となり、新しい人生の幕が開けた。


 
思い起こせば、3年前のこの日、
あたしたちの恋は、始まった。

 
今でも、あの日のことを思い出す。


 
あたしの心の中で、
どんどん加速する気持ち。

 
胸をときめかせながら見た
あの美しいHaworth(ハワース)の風景。

 
彼と並んで歩くたびに
かみしめていた幸せ。


  
もしかすると、あの日のあたしには、
今の人生がを少しだけ
予測出来ていたのかもしれない。


 
そう、あの頃のあたしは、
そこから始まる遠距離恋愛の辛さなんて
これっぽっちも考えていなかった。 

 
遠距離恋愛が始まって、
その距離に、一体どれほど涙を流したことだろう。


 
お互いの気持ちが、同じ速さで、
そして、同じ大きさで共鳴しているにも関わらず
あたしは、やっぱり隣に居られないことが
 
寂しく、辛かった。
 
切なかった。



 
プロポーズをされたときも、
婚姻が成立したときも、
 
大きな感動と喜び、
そして幸せに満ちていたけれど、
 
やっぱり、ずっと隣に居られないことが
どうしても、どうしても、どうしても、
 
辛かった。



 
今日は、初めての結婚記念日。
 
あたしたちにとって、思い出深き日。
永遠の愛を、心の中で静かに誓った日。

 
もう、あんなふうに泣かなくてもいい。
もう、ひとりで道に迷うこともない。

 
これからも、彼と一緒に
目の前の道をゆっくり歩んでいくから。
 
永遠に。




 
今夜は、食事に出掛けてお祝いをする予定ですハート
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

スポンサーサイト

| エッセイ(ポエム) | 00:00 | comments:8 | TOP↑

≫ EDIT

毎日、彼の隣で…。

 
大喧嘩をすることもあるけれど、
 
やっぱり彼と結婚をしてイギリスに来て良かったと、
そう心の底から思える自分がいる。


 
 0724receptionvenue1
 
1年前も同じような写真を撮った。
 
確かあの頃は、彼が初めて日本を訪れてくれて
あたしは、まだ彼の婚約者だった。


 
あれから、月日が流れ、
 
ずっと、離れ離れだったあたしたちは、
ようやく夫婦となり、今こうして一緒にいる。


 
毎日、彼の隣で笑っていられるといいな。
毎日、彼の隣でこうして手を繋いでいられるといいな。


 

 
一瞬、顔を出した太陽が映し出した
あたしたち二人の影を眺めながら
 
彼を隣に、そんなことを想っていた。




 
来月の結婚記念日と
結婚式が楽しみになってきましたにこ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| エッセイ(ポエム) | 00:00 | comments:12 | TOP↑

≫ EDIT

愛情のバランス

 
花に水(愛情)を与えるように

 
人との関係にも
水(愛情)を与えてあげないと

 
乾燥して枯れ果てて
 
死んでしまう。


 
だけど、

 
与え過ぎても根が腐りきって
 
死んでしまう。


 
このバランスが非常に難しいと思う。



 
 
と、これは去年ふと閃いた想いです。
ちょっと思い出したので書き綴ってみました。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| エッセイ(ポエム) | 01:42 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

美しき英国の大地

 
喜び、怒り、哀しみ、楽しみ。


 
その全てを包み込み、
その全てを受け入れるような、
どこまでも果てしなく続きゆく大地に
今、私はゆっくりと心を解き放つ。

  
この世界に生存する
全ての生物や植物に対し
常に平等で、常に優しさと強さを持つ。



  
晴れの日、雨の日、曇りの日。

 
それぞれに、違う表情を醸し出すその姿は、
時に笑顔を、時に涙を、時に憂鬱を運ぶ。

 
大地からの全ての恵みを
私は、今日も素直に受け入れる。

 
美しき英国の大地、
ただあなたのように。


 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  
昨日は、ブログで交流のあるライちゃんと
ついにHalifaxにて初対面を果たし、
帰りのバスの中で巡りゆく景色を眺めながら
ふと心に留まったことを自分流に書きとめてみましたメモ

 
ライちゃん、昨日は楽しい時間をありがとう
また、再会出来るその日を楽しみに。。。
 
(※子育て奮闘中のライちゃんのブログは、こちら)



 
そんな昨日とは打って変わって、
今日は、義兄宅にてクマ夫とともにベビシッター中
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| エッセイ(ポエム) | 22:00 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

四葉のクローバーに込められた想い

 
今日、一通の手紙が届いた。
  
母からだった。


早速、封を切って中を確認する。

 
 0415fourleafclover
 
手紙と一緒に同封されていたのは
幸運のモチーフとされる【四葉のクローバー】だった。

 
この間、姉の子供たちといちご狩りに出掛けた際、
沢山のクローバーの中から見付けたのだという。



  
お母さん、

 
今まで、あたしたち親子の関係は
正直、あまりいいものではなかったよね。
 
あたしが、あなたの望む生き方が出来ないことで、
親子なのにお互い随分傷つけあったよね。


 
実の母親なのに、
どうして娘の幸せを願ってくれないのか。。。

 
今思えば、その気持ち自体
単なるあたしの我儘だったようにも思う。

 
でも、あの頃は、
ただ自分の幸せを逃したくない一心で
あなたの大切な心の底に目を向けていなかった。


 
四葉のクローバー、どうもありがとう。

 
あなたがあたしの幸せを願う気持ち、
確かに受け取りました。


 
最高の母でいてくれて、本当にありがとう。


  
これを見たとき、
温かい母の気持ちを想い、涙が零れおちました。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| エッセイ(ポエム) | 18:44 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

よかった

 
あたしに元気がないとき、
そっと優しく見守ってくれるその瞳に
いつも励まされる。

 
あたしが寒さの中で震えているとき、
そっと歩み寄ってハグしてくれるその腕に
いつも心の底まで温められる。

 
あたしが笑っているとき、
もっと笑わそうとするその人柄に
いつも安心させられる。


 
あなたが、そういう人でよかった。
 
そういう人があなたで、よかった。

 
本当に。



 
久々に、自分の中に存在する
素直な気持ちを書きたくなりました。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| エッセイ(ポエム) | 16:09 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

一体、どうしてなのだろう。


どうして、もっと頑張れないのだろう。



光は、すぐそこに見えているのに、
一体、何があたしをこんなふうに苦しめ
前に進むことを拒ませるのだろう。




今日も、気付けばまた暗闇の中。



でも、確かにそこに光が見えているのに。。。


もうすぐ、
あともう一歩のところにまで迫っているその光。




あたしは、どうしても掴みたいんだよ。
あたしは、どうしても頑張りたいんだよ。




でも、泣いてばかりいると
涙で視界が曇って前が見えないから。。。

もう、泣くのはやめよう。




明日は、晴れるかもしれないし。



とにかく、前に進むしかないんだ。
光に手が届く日まで、もうそう遠くもないのだし。



自分を信じよう。
きっと、出来るって信じよう。



乗り越えられない壁なんてないのだと、

今こそ強くそう信じよう。








お察しの通り、調子悪いです。。。涙
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ 人気blogランキングへ FC2ブログランキングへ

 

| エッセイ(ポエム) | 20:32 | comments:6 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。